TikTok美容動画に忍ばせた中国批判、運営元があっさり謝罪した理由

Newsweekjapan,  07.12.2019

<中国発のSNSで中国を批判したアメリカ人少女のアカウントが一時削除され、復活した。米側責任者の釈明内容は?>

中国生まれのSNS「TikTok(ティックトック)」に投稿した美容動画の途中に、共産党によるウイグル人弾圧の批判をナレーションで挟み込む──。ある意味、高度な抗議活動をアフガニスタン系アメリカ人フェロザ・アジズが実践した。

17歳のアジズは11月末、「まつ毛をカールする方法を教える」と語る動画に「中国は罪のないイスラム教徒を強制収容所に入れている」と、中国政府が新疆ウイグル自治区で続けている弾圧の告発を紛れ込ませた。動画は計150万回以上再生された。

アジズのアカウントはいったん削除され、その後復活した。米国TikTokの安全問題責任者エリック・ハンは「削除は人為的ミスだった」と釈明・謝罪したが、中国にとって敏感なウイグル問題であっさり謝ったのは、中国版TikTok「抖音」とは別アプリであり、独自の方針で運営されているからだろう。

アジズは「説明になっていない」と蹴っ飛ばしたが。