WUC:カシュガルは屋根のない巨大監獄になっている

RFA 2008年5月6日 (一部抜粋)

世界ウイグル会議が火曜日に明らかにした情報によると、聖火がウイグル自治区を通過する際(6月25日~27日)にウイグル人による抗議活動が行われることを恐れた中国当局はカシュガルのあらゆる場所(遠く離れた村まで)に巡査部隊を配置し、まるで屋根のない巨大監獄を作っているという。

続きを読みます...

亡命ウイグル人組織代表、北京五輪ボイコットを呼びかけ

【5月3日 AFP】来日中の亡命ウイグル人組織の代表は2日、中国政府がチベット(Tibet)での弾圧に平行して「文化的ジェノサイド」を行っているとして北京五輪のボイコットを訴えた。ドイツに本部を置く世界ウイグル会議(World Uighur Congress)のドルクン・エイサ(Dolkun Isa)事務局長がAFPのインタビューに応じて述べた。

続きを読みます...

安倍前首相がラビア・カーディル総裁と面会、半年後にドルクン・エイサ事務総長とも会見

2007年11月7日~30日に、世界ウイグル会議総裁のラビア・カーディルさんが訪日し、講演や記者会見などを行いながら日本全国を回って、ウイグル問題を日本社会に大きくアピールした。この3週間、一般市民から国会議員まで大勢の日本の方々がウイグルの声(ラビア・カーディル総裁の訴え)に熱心に耳を傾けてくださった。

https://www.uyghurcongress.org/jp/?p=380

この昨年秋の訪日で、ラビア・カーディル総裁は安倍前首相と面会する機会も頂いた。11月28日(11:00~12:30)に、ラビア・カーディル総裁は安倍前首相と都内で面会し、ウイグル問題を詳しく報告すると共に、安倍前首相をはじめとする日本の政治家たち・日本政府に望む要望などを伝えた。安倍前首相は、冷静且つ熱心に話を聞いた上で厚い同情を示し、日本政府として真っ先に手を打つべき問題は10年以来投獄中のウイグル人東大院生トフティ・テュニヤズ氏の件であると指摘した。( 注:諸般の都合により、この件は本日までに未公開にされてきた。)

続きを読みます...

「人権の改善 日中首脳会談で議題に」世界ウイグル会議の事務局長

産経新聞 2008.5.2 00:40

中国でのチベット騒乱が注目を集める中、亡命ウイグル人らの国際組織、世界ウイグル会議の事務局長、ドルクン・エイサ氏が来日を機に産経新聞のインタビューに応じ、中国当局によるウイグル人弾圧の実態を詳細に語り、「北京で五輪を開催させるべきではない」と訴えた。

続きを読みます...

中国:「ウイグル人弾圧も強化」亡命組織幹部が会見

毎日新聞 2008年5月1日

亡命ウイグル人で組織する「世界ウイグル会議」(本部・独ミュンヘン)のドルクン・エイサ事務局長(40)が1日、東京都内で毎日新聞と会見した。チベット暴動後、世界的にチベット族への注目が集まる中、「中国当局がウイグル人への弾圧も強化している実態を知ってほしい。イスラム教徒のウイグル人には『テロリスト』のレッテルを張りやすく、弾圧の口実にしている」と訴えた。

続きを読みます...

ウイグル領土で『重点的な逮捕対象者』124人が逮捕

RFA 200842425日 (一部抜粋)

424日に、ウイグル自治区公安庁が最近の取り締まり・拘束キャンペーンの進捗状況を明らかにした。それによると、警察当局がここ3ヶ月で計615人を逮捕しており、そのうち124人が『重点的な逮捕対象者』とされる人たちだという。 しかし、当局はどんな人が『重点的な逮捕対象者』に該当するのかについては触れていなかった。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁、中国のウイグル非難に反論

RFA 2008年4月21日

ドイツ・ベルリンで開かれているウイグル人政治活動家らを教育するためのセミナーに参加しているラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁は、最近中国が主張するウイグル人が北京オリンピックにテロの恐怖をもたらしているとのウイグル非難に反論した。

続きを読みます...

3月23日のホータンデモ事件、妊娠中の拘束者も

RFA 2008年4月21日 (一部抜粋)

3月23日にホータンで起きたデモで拘束された人々の状況を把握するために、RFAでは現地の政府機関らに引き続き電話取材を行った。21日の電話取材では、拘束者のうち一人が妊娠中の女性であること、(出産の)日にちが近いため取調べ中に緊張して意識を失ったことが明らかになった。

続きを読みます...

近づく北京オリンピック、ウイグル人への弾圧・取り締まり拡大

中国政府は北京オリンピックの安全を口実にウイグル人への弾圧・取り締まりを拡大させている。弾圧・取り締まりはウイグル自治区内にとどまらず、中国内陸や周辺国のウイグル人にまで及んでいる。

続きを読みます...

『双語教育』政策に反発したウイグル人青年らが拘束

RFA 2008年4月14日 (一部抜粋)

昨日、商売のためにウイグル領土から中央アジアに出たばかりの一人のウイグル人が、トルファン地区ピチャン県で22名の教員が拘束されたことをRFAに伝えた。RFAでは、この情報を基にピチャン県の関係部署らに電話取材を行った。

続きを読みます...