2人が埋葬、政府は無言、警察当局は住民を脅迫

殺害された一人は孤児のハシムジャン・エメット氏

RFA 2009年6月30日 (一部抜粋)

RFAの取材で明になった情報によると、6月26日に広東省で起きた衝突で殺害された2人ともカシュガルのコナシェヘル県ゼミン村出身で、2人とも男性だった。現地の政府関係者および住民らの話によると、2人の死体は村に運ばれてきて、6月29日に当局の監視の下で慌てて埋葬されてしまったという。

続きを読みます...

平気で嘘をつく・嘘に信じる犯人たち - 広東省の血生臭い衝突

RFA 2009年6月29日 (一部抜粋)

中国当局が明らかにした情報によると、広東省の玩具工場でウイグル人と漢人の間で起きた血生臭い衝突の発生原因は一人の漢人が広げた嘘にあったという。中国当局は、Zhuという漢人(事件が起きた工場の元従業員)がネット上で「ウイグル人労働者が漢人女性に性的暴行を行った」という嘘を広げたことが事件を引き起こしたとしてこの漢人を逮捕した。

続きを読みます...

強制連行されたウイグル人と地元の漢人らが広東省の工場で衝突

RFA 2009年6月26日 (一部抜粋)

6月26日の朝2時に、広東省韶関市の玩具工場でウイグル人と漢人の間で大規模な衝突が起きた。これまでに、死傷者について様々な情報が流れている。韶関市政府の事件に関する報告によると、計120人(ウイグル人81人、漢人39人)が負傷し、2人(2人ともウイグル人)が死亡したという。一方で、「博訊」サイト(漢人らが運営するサイト)などによると、事件の死亡者は18人で、そのうちウイグル人は12人、漢人は6人となっているという。

続きを読みます...

金曜礼拝の監視を拒否したウイグル人校長が解雇

■金曜礼拝の監視を拒否したウイグル人校長が解雇

RFA 2009年6月22日 (一部抜粋)

ウイグルでは、政府職員、教員、学生、18歳未満の青少年などがモスクに入ることは禁じられている。中国当局は各県や村において、特に金曜礼拝が行われる金曜日に(モスクを監視する)警察や職員を派遣し、モスクに出入りする政府職員・教員・学生・18歳未満の青少年などのブラック リストの作成に当たらせている。

続きを読みます...

スウェーデン、亡命ウイグル人へのスパイ活動で中国外交官を追放

産経新聞 2009.6.25 12:30

 米国のラジオ・フリー・アジア(電子版)は25日までに、亡命ウイグル人に対する違法なスパイ活動にかかわったとして、スウェーデン政府が同国駐在の中国外交官を追放したと伝えた。中国政府も報復措置として駐中国のスウェーデン人外交官1人を追放したという。

続きを読みます...

米下院公聴会、ETIMの「テロ組織」指定を見直す動きも

RFA 2009年6月16、18日 (一部抜粋)

2001年にアメリカで起きた9.11テロ事件後に、米中政府がテロ対策面での協力を宣言し、2002年9月にはアメリカ政府が大統領行政命令によりETIM(東トルキスタンイスラム運動)を「テロ組織」に指定していた。それから7年が経った今、米下院でブッシュ政権の当時の決定の見直しを求める声が強まり、ブッシュ政権が当時中国政府から提出された一方的な情報をそのまま採用したことが批判を浴びえている。

続きを読みます...

中国当局、カシュガルで自ら認めた一級文物保護単位まで破壊

RFA 2009年6月16、17日 (一部抜粋)

ウイグル及び多くのトルコ系民族にとっての貴重な歴史遺産、1000年以上の歴史を持つカシュガル・ハンリク・メドリセ(当時の王室直属のイスラム学院)は、ウイグル自治区一級文物保護単(国宝又は重要文化財のことを意味すする)に指定された場所であるのにもかかわらず、当局が強行しているカシュガル旧市街取り壊し計画の一環として破壊された。

続きを読みます...

米上院、ウイグル人代表らを招きウイグル問題を議論

RFA 2009年6月12日 (一部抜粋)

米上院は金曜日(12日)にウイグル民族運動の代表らを招いた特別会議を開き、ウイグル問題を議論した。会議には、米上院の60~70名のメンバーが参加したほか、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁、世界ウイグル会議の法律顧問でウイグル人弁護士のヌリ・トルケル氏、アメリカウイグル協会副会長のアリム・セイット氏らが参加した。

続きを読みます...

「違法宗教集会」を口実にウイグル人大学生7人が拘束

RFA 2009年6月12日 (一部抜粋)

アメリカのテキサス州に本部を置く「China Aid Association」という団体の報道によると、中国の警察当局は5月10日に宗教に関することを話し合うために新疆大学に集まったウイグル人大学生7人を拘束・逮捕したという。この報道によると、拘束された大学生らのそれぞれに対して5000元の罰金が科せられたが、そのうち2人の大学生が逮捕されたという。

続きを読みます...

ウイグル問題をめぐる公聴会 - 米下院外交委員会

RFA 2009年6月10日 (一部抜粋)

米下院外交委員会は6月10日にウイグル問題に関する公聴会を開いた。

公聴会では、米国の「中国に関する議会・政府委員会」の責任者カラ・アブラムソム女史、米国国際宗教自由委員会委員長のフィリス・ゲル女史など重要人物らのほか、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁やウイグル人弁護士ヌリ・トルケル氏が中国政府の対ウイグル政策 - 宗教・文化・政治面での圧政と民族浄化政策について証言した。

続きを読みます...