漢族支配、緊張の新疆 ウイグル族怒り

81281分配信 産経新聞

【クチャ(中国新疆ウイグル自治区)=野口東秀】公安(警察)局など十数カ所に対する連続爆破事件から一夜明けた11日、ウイグル族の間では、中国の地元政府や公安当局によるウイグル族抑圧が事件の背景にあり、玉砕覚悟の攻撃も「起きて当然」との声が多い。北京五輪に対するしらけた空気がウイグル族の間に蔓延(まんえん)しており、現地では一切、五輪を歓迎するスローガンを見ることはなかった。北京では平和の祭典、五輪が開かれているが、胡錦濤指導部は、漢族支配に反発するウイグル族との「戦争状態」に突入しているかのようだ。

続きを読みます...

県幹部、治安回復を強調 ウイグル族宗教弾圧に不満

東京新聞 2008年8月12日 朝刊

【クチャ(中国新疆ウイグル自治区)=新貝憲弘】同時多発の襲撃事件があった中国新疆ウイグル自治区クチャ県は事件二日後の十一日、表向き治安を回復した。五輪期間中だけに当局は地域安定のアピールを狙うが宗教弾圧や民族差別が解消されない限り“見せかけの平穏”がいつまで保たれるか疑問だ。

続きを読みます...

「事件の責任は中国に」

産経新聞 2008.8.10 14:37

中国新疆ウイグル自治区クチャ県での警察施設襲撃事件について、海外のウイグル人を束ねる穏健派組織、世界ウイグル会議(本部ドイツ・ミュンヘン)は「事件の責任は中国政府の抑圧政策にある」と述べた。英BBC放送が10日、報じた。

続きを読みます...

「中国核実験の被害を知って」 ウイグル人医師が日本で訴え

産経新聞 2008.8.10 20:13

広島市で行われた原爆死没者慰霊式・平和祈念式に参列するため来日した中国・新疆ウイグル自治区出身の外科医で、世界ウイグル会議英国代表のアニワル・トフティ氏が都内で産経新聞と会見し、核実験で汚染された同自治区の実態を語るとともに、中国での五輪開催に抗議した。

続きを読みます...

中国・新疆襲撃背景に『漢族支配』 広がる格差伝統も衰退

東京新聞 2008年8月8日 朝刊

【北京=平岩勇司】中国新疆ウイグル自治区で、武装警察隊襲撃事件が起きた背景には、同地区を漢族が支配する現状へのウイグル族の不満が募っていることがある。ウイグル族の独立志向を弱めようと、中央政府は経済成長優先政策を打ち出すが、経済格差は広がる一方だ。ウイグル民族の伝統文化衰退という現象まで生んだ。

続きを読みます...

「ウイグルの原爆被害を知ってもらいたい」

産経新聞 2008.8.7 21:05

広島と長崎の原爆忌に合わせて来日中のウイグル出身の外科医アニワル・トフティ氏が7日夜、北京五輪の開幕に先立ち都内で講演し、中国の核実験による汚染の実態を説明した。

続きを読みます...

新疆の警官襲撃、組織的関与を否定

8月7日8時1分配信 産経新聞

■在米ウイグル人人権活動家 ラビア・カーディル氏

【ワシントン=山本秀也】北京五輪の開催を目前に控え、武装警察襲撃など中国で相次ぐ「テロ」にウイグル人独立派の関与が指摘されている問題で、内外のウイグル人社会に影響力をもつ在米の民族人権活動家ラビア・カーディル氏は5日、産経新聞に対し、「ウイグル人は流血行為を支持していない」と述べ、組織的な抵抗活動であることを否定した。ただ、中国当局による民族弾圧が続けば、新たな抵抗が生まれる可能性は「否定できない」と強い憂慮を示した。

続きを読みます...

事件の頻発を憂慮 警官隊襲撃で新疆独立派

産経新聞 2008.8.6 00:46

中国新疆ウイグル自治区の警官隊襲撃事件について、同自治区からの独立を目指す「東トルキスタン情報センター」(本部ドイツ)の報道官は、ウイグル民族の人権改善を中国が拒めば同様の事件が増えることを憂慮していると話した。5日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニング・ポストが報じた。

続きを読みます...

中国当局は「テロ」、ウイグル側は「圧政への抵抗」と反論

産経新聞 2008.8.5 23:05

【北京=矢板明夫】中国の新疆ウイグル自治区のカシュガルで4日朝に発生した武装警察襲撃事件で、同地の当局者は5日、「テロリストによる攻撃だ」と語った。国営新華社通信が伝えた。今回逮捕された2人の男たちはいずれもカシュガルのウイグル人住民で、タクシー運転手と野菜の小売商という。

中国新疆ウイグル自治区での核実験による健康被害を告発し英国に政治亡命したウイグル人医師で、来日中のアニワル・トフティ氏(45)は5日、共同通信と会見し、同自治区での警官隊襲撃事件は「無差別テロでなく民族弾圧の象徴である警官を狙ったもの。中国共産党の圧政に対するウイグル民族の抵抗活動だ」との見方を示した。

続きを読みます...

中国政府の弾圧を非難=在外ウイグル人組織〔五輪〕

8月5日11時57分配信 時事通信

【香港5日時事】米国の中国語ニュースサイト・多維新聞網が5日伝えたところによると、在外ウイグル人の組織である世界ウイグル会議(本部・ミュンヘン)のスポークスマンは4日、新疆ウイグル自治区カシュガル市で起きた武装警察襲撃事件について「現地で中国政府が行っている系統的な弾圧は人々が耐えられる限度を超えている」と非難し、事件はウイグル人弾圧に対する報復との見方を示した。

続きを読みます...