「私は一度 “殺された”」 ウイグル族女性の証言

ソース:NHK

「私は一度 “殺されました”。だから、報復は怖くありません」

こう話すのは、ウイグル族の女性です。
彼女は3年ほど前に2度、中国・新疆ウイグル自治区の施設に収容されたといいます。理由もわからず拘束されて拷問を受け、解放されるときには中国当局からは施設のことを口外しないよう脅しを受けたとも話します。

自治区には今も親族が残り、施設のことを話せば、当局から報復されるおそれもあるといいます。それでも彼女は、こう言い切ります。

「私は、決して沈黙しません」

続きを読みます…

続きを読みます...

在米ウイグル人がホワイトハウス前で集会 「バイデン大統領は行動を」弾圧停止訴え

ソース:Sankei

ホワイトハウス前で、中国の新疆ウイグル自治区における人権弾圧の停止を求めた在米ウイグル人の抗議集会(渡辺浩生撮影)

【ワシントン=渡辺浩生】在米の亡命ウイグル人組織が12日、首都ワシントンのホワイトハウス前で抗議集会を開き、15日に中国の習近平国家主席とオンライン形式で首脳会談を行うバイデン米大統領に対して、新彊(しんきょう)ウイグル自治区における強制収容や拷問、強制労働、強制不妊など人権弾圧を即刻止めさせるよう具体的行動を訴えた。

在外ウイグル人の独立と自由、人権尊重を求める在外組織「東トルキスタン亡命政府」が主催した。在米のウイグル人約30人がホワイトハウス前の広場に集結。新疆ウイグル自治区での強制収容から生還したという4人のウイグル人女性が、それぞれマイクを握って弾圧の実態を訴えた。

その1人で強制収容所に3年以上収監されたというミフリ・ギュルさんは「私の両親や兄弟、姉妹もみな収容所に入れられて4年以上、全く情報がない。私は私の若い時代、家族、教育、言語、信教、すべて奪われた。私たちは自由がほしい。国際社会は中国がいかに間違ったことをしたか知ってほしい」と訴えた。

続きを読みます...

子供の名前を自由に付けられない、家の中でもウイグル語は禁止…中国政府による“ウイグル人弾圧”のヤバい実情

ソース:Yahoo

続きを読みます...

中国のウイグル族弾圧に日本政府は“弱腰”だが…あえて「賢明」だと言えるワケ

ソース:Yahoo

発足したばかりの岸田文雄新政権だが、総裁選時から中国には強気な「対抗姿勢」を打ち出してきていた。対米従属のなかで、経済成長著しい中国とどう向き合うか。 ⇒【画像】新疆の建物  この外交上の最重要問題に、深く影響を与えているのが「新疆ウイグル自治区での弾圧問題」だ。そもそもなぜ中国はウイグル族を弾圧するのか? 日本政府はこのジェノサイドにどう向き合うべきなのか?

続きを読みます...

人権担当の首相補佐官に中谷元・元防衛相の方針 中国の弾圧念頭

ソース:MSN

岸田文雄首相は、人権問題担当の首相補佐官に自民党の中谷元・元防衛相(64)を起用する方針を決めた。9月の自民党総裁選で新設を表明したポストで、人権問題に関する情報収集や政府対応を統括する。中国による香港や新疆ウイグル自治区での人権弾圧が念頭にある。10日の第2次岸田内閣の発足に合わせて任命する。

首相は8日午前、中谷氏と首相官邸で会談し、補佐官起用の意向を伝えた。中谷氏は会談後、記者団に「外相や経済産業相と緊密に協力し、国際的な人権問題に対応していきたい」と語った。

中谷氏は衆院高知1区選出で当選11回。陸上自衛官を経て1990年に初当選した。防衛庁長官、防衛相を歴任している。「人権外交を超党派で考える議員連盟」の共同会長を務めており、ウイグル問題に関し、人権問題に関与した外国の人物や団体に制裁を科すことが可能な日本版マグニツキー法(人権侵害制裁法)の制定を目指している。【飼手勇介】

続きを読みます...

「住民に予告なく46回も核実験を実施」だから中国人はウイグル自治区に近寄らない

ソース:Yahoo

東京の在日中国大使館前で、新疆ウイグル自治区での騒乱事件について抗議する在日ウイグル人たち。掲げているのは東トルキスタン独立運動の旗=2009年7月8日 – 写真=EPA/時事通信フォト((C)株式会社プレジデント社)

中国政府は、東トルキスタンに建設した核実験場で46回の核爆発実験を行っている。静岡大学教授の楊海英さんは「これからの核実験はいずれも周辺住民に予告せずに行われており、住民たちは核実験の事実を知らないまま生活している。漢民族は核実験の事実を知っているため、近づきたがらない」という――。(第1回)

東京の在日中国大使館前で、新疆ウイグル自治区での騒乱事件について抗議する在日ウイグル人たち。掲げているのは東トルキスタン独立運動の旗=2009年7月8日

※本稿は、于田ケリム、楊海英『ジェノサイド国家中国の真実』(文春新書)の一部を再編集したものです。

■周辺住民に事前予告せず核実験を40回以上も実施

【于田ケリム(日本ウイグル協会会長)】中国政府は、東トルキスタンのロプノールに建設した核実験場で1964年から1996年にかけて、地表・空中・地下において延べ46回、総爆発出力(エネルギー)およそ20メガトン(1945年に広島に投下された原子爆弾の1000倍に相当する爆発出力)の核爆発実験を行ないました。

続きを読みます...

北京五輪で外交ボイコット論=米欧、人権侵害に反発―開催100日前

ソース:Livedoor

中国・新疆ウイグル自治区などでの人権侵害に反発する欧米諸国で、来年2月の北京冬季五輪をめぐり、開会式などへの高官派遣を見送る「外交ボイコット」を求める声が高まっている。

北京五輪への対応に関し、同盟国と「共通のアプローチ」を協議するとしているバイデン米政権の最終判断が各国の動向を左右しそうだ。

米議会では、民主党のペロシ下院議長が5月に各国首脳に外交ボイコットを提案。超党派で法案化の動きも出ている。共和党のルビオ上院議員らは今月21日、国際オリンピック委員会(IOC)に開催地変更を改めて要求した。ウイグル族迫害を「ジェノサイド(集団虐殺)」と認定する一方で、ボイコットに慎重な構えを崩さないバイデン政権への圧力が強まっている。

続きを読みます...

ウイグル弾圧犠牲者の追悼集会を妨害 中国人10人摘発 警視庁

ソース:Yahoo

東京都内で今年7月に開かれた香港や新疆(しんきょう)ウイグル自治区などでの中国政府による人権問題の犠牲者を追悼する集会を妨害したとして、警視庁公安部は20日、威力業務妨害容疑で中国籍の男7人を書類送検した。中国政府による新疆ウイグル、チベット、内モンゴル各自治区と香港に対する人権弾圧が強まっている中で、日本国内で行われた集会にまで中国人が組織的に妨害行為を行う事態に、警察当局も警戒を強めている。

集会は中国共産党が創建100年を迎えた7月1日に新宿区内で開催。中国政府の人権弾圧の犠牲者に対する追悼式として、日本に住む新疆ウイグル、チベット、内モンゴル各自治区、香港、台湾の関係者らが参加した。

続きを読みます...

中国の元警察官がウイグル・ジェノサイドの実態語る ナチス超えの悪事は決して許してはならない

ソース:Liberty

CNNのインタビューに答える中国の元警察官・ジャン氏。画像はCNNのユーチューブチャンネルより(https://youtu.be/-PjkwylN7q0)。

《ニュース》

米CNNは6日、中国の元警察官に新疆ウイグル自治区で起きている「ジェノサイド」の実態についてインタビューした様子を報じました。

《詳細》

CNNのインタビューに応じた元警察官はかつてウイグル自治区に派遣され、「テロ対策」と称した弾圧に関係していました。その後、ヨーロッパに亡命し、中国に残した家族を守るため「ジャン」という仮名を名乗っています。

続きを読みます...

中国が米国に「ウイグルの分離団体をテロ組織として再指定せよ」

ソース:Yahoo

中国は「新疆ウイグル自治区内の分離主義組織である “東トルキスタンイスラム運動(ETIM)”を、テロ組織のリストに再び載せなければならない」と米国に要求した。

国連駐在の耿爽 中国副代表は6日(現地時間)、国連総会法律委員会の演説で先のように語ったと、中国ニュースサイト“環球網”などが報道した。

続きを読みます...