米インテル、中国に謝罪 新疆製品の使用禁止巡り

ソース:MSN

[香港 23日 ロイター] – 米半導体大手インテルは23日、部品メーカーに中国・新疆ウイグル自治区の製品や労働力の使用禁止を通告したことについて、中国国民に謝罪した。中国内で反発が強まっていることを受けた措置。

同社は部品メーカーに宛てた12月付の年次書簡で「サプライチェーン内で新疆の労働力を利用したり、新疆から製品やサービスを調達することがない体制を確立するよう義務付けられている」とし「複数の政府」が導入した規制に従った措置だと説明していた。

続きを読みます...

カナダのトルドー首相「ウイグル族らにジェノサイドが横行…中国が適切な調査を受け入れるまで圧力を強め続ける」外交ボイコットも示唆

ソース:MSN

© 中日スポーツ 提供 カナダのトルドー首相(AP)

米国は、中国政府が新疆ウイグル自治区でウイグル族らにジェノサイド(民族大量殺害)を行っているとし、北京冬季五輪・パラリンピックに外交使節団を派遣しない“外交ボイコット”を決定。英国、オーストラリアなどと追随したカナダのトルドー首相は20日、放送局CTVの単独インタビューで「重大なジェノサイドが横行している。中国が調査を受け入れるまで圧力を強め続けていく」と語った。

同局が「米国や英国は、イスラム教徒の少数民族であるウイグル族へのジェノサイドが行われていると信じている。野党もだ」と振ると、トルドー首相は「それはカナダ議会も同じだ」と切り込み、「完全な調査が必要だと固く信じているし、公にされるべき人権侵害が存在すると信じている」と加えた。

また、同首相は「われわれは既に中国で人権侵害が行われていることを明確にしてきたし、そのことを声高に伝え続ける。中国が受け入れるべき適切な調査を必要とする重大なジェノサイドが横行している。彼らがそうする(調査を受け入れる)まで圧力を強め続けていく」と明言した。

中国の河南省で暮らす100万人単位のウイグル族は、中国政府により収容所に送られ、強制的に不妊手術を受けさせられ、強制労働させられていると英米では報じられている。中国は「収容所の目的は過激派やテロと戦うことで、いかなる人権侵害もない」と主張し、ジェノサイドを「今世紀最大のウソ」としている。

続きを読みます...

米、ウイグル輸入を全面禁止へ 強制労働防止で法案可決

ソース:MSN

© KYODONEWS 中国の習近平国家主席とオンライン会談するバイデン米大統領=11月15日、ワシントン(AP=共同)

【ワシントン共同】米議会上院は16日、中国新疆ウイグル自治区からの物品輸入を原則禁止する「ウイグル強制労働防止法案」を可決した。下院では既に可決しており、バイデン大統領の署名を経て成立する。成立後は輸入禁止の対象が同自治区での全製品に広がり、対象製品などを扱う日本企業が調達網の見直しを迫られる可能性がある。

同自治区を巡り、米国は中国政府によるウイグル族弾圧を「ジェノサイド(民族大量虐殺)」と認定、品目や企業を絞って制裁を科してきた。今年1月には衣料品店「ユニクロ」製シャツを米国に輸入することが差し止められた。中国は強制労働を否定し、法案に反発している。

続きを読みます...

まるで地獄。ウイグル収容所で受けさせられる中国“再教育”の残酷な全容

ソース:Mag2

Muslims protest Uighur genocide in front of Chinese embassy – London- 13-11-2021

最近、中国の前副首相との不倫関係を告白した直後に連絡が取れなくなった女子テニス彭帥選手が安否不明になった件は世界中で報じられました。中国では、国にとって都合の悪いことを発言したり行動を起こす人が行方不明となり、その情報が消されてしまうことは珍しくありません。無料メルマガ『1分間書評!『一日一冊:人生の智恵』』では、 中国政府によって長年「弾圧」を受けてきた新疆ウイグル自治区で『再教育』を受けた女性の衝撃的な告発本を紹介しています。

続きを読みます...

中国のウイグル族弾圧を「ジェノサイド」と認定=英民衆法廷

ソース:BBC

ロンドンの議会前で中国政府のウイグル弾圧に抗議する人々(2021年4月撮影)

イギリスの独立民衆法廷「ウイグル法廷」は9日、中国が新疆ウイグル自治区のイスラム系少数民族ウイグル族にジェノサイド(集団虐殺)を行っていたと認定したと発表した。中国政府がウイグル族に避妊や不妊手術を強制していたとされることが、この結論に達した大きな理由だと述べている。

この法廷を主導した弁護士のサー・ジョフリー・ナイスは、同法廷の専門家パネルは、中国が「計画的、組織的、統一的な政策」として「長期的にウイグル族などの少数民族の人口削減」を行っていたとの見解に至ったと説明。新疆地区のイスラム系少数民族への虐待について、習近平国家主席をはじめとする政府の指導層が「直接的な責任」を負っているとの考えを示した。

「ウイグル法廷」の専門家パネルは、法律家や学者で構成されている。同法廷の判決には法的拘束力や国の指導者らに対する強制力はない。しかし法廷側は、中国の疑惑に対する大量の証拠を提示し、ジェノサイドへの疑問に独立した結論を導くのが目的だとした。

続きを読みます...

「習近平にウイグル族『ジェノサイド』の責任」 独立民衆法廷が認定

ソース:Newsweek Japan

英国人弁護士ジェフリー・ナイス氏が率いる独立民衆法廷「ウイグル法廷」は9日、中国・新疆ウイグル自治区でウイグル族やカザフ族に対するジェノサイド(民族大量虐殺)、人道に対する罪、拷問が行われているとし、同国の習近平国家主席に主要な責任があると認定したことを発表した。

ウイグル法廷は「中華人民共和国(PRC)は、新疆として知られる中国北西部のウイグル族、カザフ族、その他の少数民族に対し、ジェノサイド、人道に対する罪、拷問を犯した」と指摘。「ウイグル法廷は、習近平国家主席をはじめとするPRCおよびCCP(中国共産党)の高官が新疆での行為に対して主要な責任を負っていると確信している」と表明した(UYGHUR TRIBUNAL JUDGMENT)。

続きを読みます...

中国のウイグル政策は「ジェノサイド」、英独立委が断定

ソース:WJS

中国政府による新疆ウイグル自治区の少数民族に対する扱いを巡り、英国を拠点とする独立委員会「ウイグル・トリビューナル」は9日、中国の政策が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」に相当するとの結論を下した

【香港】中国政府による新疆ウイグル自治区の少数民族に対する扱いを巡り、英国を拠点とする独立委員会「ウイグル・トリビューナル」は9日、中国の政策が「ジェノサイド(民族大量虐殺)」に相当するとの結論を下した。

中国政府は強制避妊や避妊手術などの政策を通じてウイグル族を中心とするコミュニティーや生活様式を部分的に崩壊させる意図があったと指摘している。

同委員会は弁護士や学者、活動家などで構成され、およそ1年をかけて疑惑を調査してきた。その結果、「新疆での行為に関する主要な責任」は、習近平国家主席ら指導部にあると結論づけた。

中国当局は、大規模な民族同化策の一環として、100万人以上のウイグルなど少数民族を強制収容所に拘束しているとされる。

続きを読みます...

中国のウイグル人口抑制は「ジェノサイド」 英調査報告

ソース:AFP

英ロンドンで開かれた「ウイグル法廷」で、避妊手術を強制された現場とされる病院の写真を手に証言するウイグル人女性(2021年6月4日撮影)。(c)Tolga Akmen / AFP

【12月10日 AFP】中国による人権侵害の疑いを調査する英ロンドンの非政府組織「ウイグル法廷」は9日、中国が新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)でイスラム系少数民族ウイグルの人口増加を妨げ、ジェノサイド(集団殺害)を行ったと結論付ける報告書を公表した。

弁護士や人権専門家計9人から成るウイグル法廷は、亡命ウイグル人の主要団体「世界ウイグル会議(WUC)」の要請を受けて設立され、今年2回にわたり、拷問や性的暴行、非人道的行為の疑惑に関する公聴会を実施した。

 63ページに及ぶ報告書では、国際法で慣習的にジェノサイド認定の基準となってきた大量虐殺の証拠はなかったとした一方で、中国共産党がウイグル人の「大部分を破壊する意図があった」ことには合理的な疑いがないと結論。これを根拠として、中国がジェノサイドを行ったと認定した。

続きを読みます...

米下院、中国・新疆からの輸入禁止法案可決 強制労働に懸念

ソース:Reuters

[ワシントン 8日 ロイター] – 米下院は8日、強制労働を巡る懸念を理由に中国・新疆ウイグル自治区からの輸入を禁じる「ウイグル強制労働防止法案」を賛成428、反対1の圧倒的賛成多数で可決した。

上院での可決とバイデン大統領の署名を経て成立する。

同自治区のウイグル族などイスラム教少数派が収容施設に入れられていることを踏まえ、全ての製品が強制労働によるものだとの前提を置く内容。強制労働ではないと証明できれば、輸入禁止の適用除外となる。

中国は新疆での人権侵害を否定しているが、米政府はウイグル族弾圧をジェノサイド(民族大量虐殺)と認定し、多数の人権擁護団体も同様の見解を示している。

続きを読みます...

北京五輪 イギリス・カナダも“外交的ボイコット”表明

ソース:TBS

来年開催予定の北京冬季オリンピックについて、イギリスとカナダも「外交的ボイコット」を表明しました。

イギリス ジョンソン首相
「事実上の外交的ボイコットになります。北京五輪の外交的ボイコットです。閣僚の誰も出席する予定はありません。政府高官もです」

イギリスのジョンソン首相は8日、議会での答弁で北京冬季オリンピックに閣僚や政府高官が出席する予定はないと明言しました。イギリス政府は現在、北京オリンピックの出席者のレベルについて検討していますが、テレグラフ紙は中国に駐在する大使が出席する案が浮上していると報じています。

続きを読みます...