国連のウイグル視察受け入れ 中国、条件付きで

Afpbb, 10.01.2019

【1月8日 AFP】中国外務省の陸慷(Lu Kang)報道局長は7日の定例記者会見で、新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)への国連(UN)の査察について、内政問題に介入しないことを条件に受け入れる姿勢を示した。

新疆ウイグル自治区をめぐっては、イスラム教徒の少数民族ウイグル人ら100万人あまりが強制収容所に入れられ、拷問や虐待を受けているとの報告が寄せられており、国際的な非難が高まっている。

ミチェル・バチェレ(Michelle Bachelet)国連人権高等弁務官は昨年12月、ウイグル人らが収容されている再教育施設に関する報告の事実確認のため、同自治区への立ち入りを求める声明を発表した。

陸報道局長は記者団に対し、「新疆は開かれた地域であり、中国の法令を順守して適切な手続きを踏むのであれば、国連代表団を含めてあらゆる当事者の訪問を歓迎する」と述べた一方、中国の内政に干渉することは避けるべきだとけん制した。(c)AFP