世界ウイグル会議主席が来日へ 日本政府がビザ発給

日本経済新聞 2013.06.15

政府は14日までに、中国から海外に逃れた亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席に査証(ビザ)を発給した。同氏は6月下旬の来日を予定している。中国当局はカーディル氏を新疆ウイグル自治区の独立運動を主導する「祖国分裂主義者」とみなしており、日中間の新たな火種となる可能性がある。

続きはこちら

http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1403Y_U3A610C1PP8000/