中国各地で光る謎の飛行物体を目撃!UFOの正体は軍の新兵器だった?―中国メディア

Record China 2013.05.15

2013年5月14日、BBC中国語版は記事「中国、3回目の衛星攻撃兵器の実験実施か」を掲載した。

13日夜、中国各地で光る謎の飛行物体の目撃例が相次いだ。未確認飛行物体(UFO)だと伝えるメディアもあったが、中国人民解放軍による衛星攻撃ミサイルを目撃した可能性も指摘されている。14日、中国当局はロケットを利用した兵器の実験に成功したと発表している。

新浪網軍事によると、打ち上げられたのはD-2型ミサイル。地上1万2000マイルから2万2000マイルの衛星軌道を攻撃する能力を持つ。通信衛星やGPS衛星を破壊することが可能だ。中国は2007年、2010年にも衛星攻撃兵器を実験し、米国の強い反発を受けていた。(翻訳・編集/KT)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=72296