「テロリスト」6人を公開手配=ウイグル独立派幹部-中国

時事通信 2012.04.06

【北京時事】中国公安省は6日、国内外でテロ事件に関与したとして、ウイグル独立派組織「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」の幹部6人を「テロリスト」に認定し、手配容疑や写真を掲載した5日付のリストを公表した。資産を凍結するとともに、各国に対して公開手配した容疑者の逮捕と身柄引き渡しなどで協力を求めている。

同組織は国連安保理で2002年9月にテロ組織と認定されている。中国が同組織メンバーのリストを公表したのは03年12月、08年10月に続いて3回目。全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会は昨年10月、「反テロ活動強化に関する決定」を採択し、テロ組織・メンバーの資金や資産を凍結することなどを決めていた。

http://www.jiji.com/jc/zc?key=%a5%a6%a5%a4%a5%b0%a5%eb&k=201204/2012040600518