スウェーデン、亡命ウイグル人へのスパイ活動で中国外交官を追放

産経新聞 2009.6.25 12:30

 米国のラジオ・フリー・アジア(電子版)は25日までに、亡命ウイグル人に対する違法なスパイ活動にかかわったとして、スウェーデン政府が同国駐在の中国外交官を追放したと伝えた。中国政府も報復措置として駐中国のスウェーデン人外交官1人を追放したという。

中国外務省は「承知していない」とし、報道を確認していない。

報道によると、スウェーデン警察は6月4日、スウェーデンの亡命ウイグル人社会でスパイ活動をしていたとして、同国籍の亡命ウイグル人男性(61)を拘束。男性は中国の新疆ウイグル自治区の海外独立派組織、世界ウイグル会議にも参加していた。

中国外交官は、この男性を通じてウイグル人の活動情報を収集していたとみられる。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090625/erp0906251231004-n1.htm

注: 容疑者はこれまでに(スウェーデンを中心に)在外ウイグル人の活動に参加してきたが、世界ウイグル会議指導部に入っている人物ではない。

RFAの報道によると、スパイ容疑で逮捕されているこの人は

・バブル・メフスット(61歳)
・1948年に蘭州で生まれ、70年代にホータンに移住
・父親はウイグル人、母親は回族
・90年代後半にスウェーデンに亡命し、2002年にスウェーデン国籍を取得
・2009年6月4日に、中国外交官(今回追放された外交官)に情報を提供している現場でスウェーデン当局に逮捕

なお、事件の詳細は7月初めに開かれる裁判で明らかにされると思われる。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/jasus-gumandari-babur-mexsut-06222009195226.html
http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/qisqa_xewerler/shiwetsiye-xitay-jasusi-06222009193022.html