中国のウイグル人不当拘束に抗議、米NYでデモ

AFP, 08.02.2019

【2月6日 AFP】米ニューヨークで5日、国連(UN)米代表部の建物前に市民らおよそ50人が集まり、中国の強制収容所に不当に拘束されているイスラム教徒の少数民族ウイグル人に目を向けるよう呼び掛けるとともに、米当局に対して行動を起こすよう求めるデモを行った。

デモを呼び掛けたのはイェシーバー大学(Yeshiva University)に通うヨセフ・ロス(Yosef Roth)さん。ロスさんは今回のデモを呼び掛けるまで、ウイグル人とは縁もゆかりもなかったという。

医学生のロスさんは「残虐行為の規模に突き動かされた」「このような事態を監視することは本当に重要だ」と語る。

多くのウイグル人が暮らす中国北西部の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)では近年、民族間の対立の激化を受け、警察当局による厳しい監視体制が敷かれている。

続きを読みます...

麻酔なしで臓器を強制摘出、女性器に電気棒を突っ込み…! 中国共産党による臓器売買と拷問の実態を「日本ウイグル連盟」会長が暴露!

Tocana, 29.01.2019

新疆ウイグル自治区カシュガル地区 イメージ画像:「gettyimages」より

ウイグル族はイスラム教を信仰する少数民族で、新疆ウイグル自治区を中心に暮らすトルコ系イスラム教徒である。中国国内に約840万人いる。中国政府は、ウイグル族の分離・独立運動を警戒し、中国共産党への忠誠を誓わせてイスラム教を禁止するという同化政策を長年強制してきた。敵対的とみなした者を「テロリストを再教育する」として強制収容。21世紀の現在もなお「魔女裁判」のような悪行が横行している。そして昨今、中国政府による残虐非道に拍車がかかっている。なんと、ウイグル人の臓器が生きたまま採取され、中国内で売買されているというのだ!

この度、筆者もパーソナリティを務めるラジオ番組「ルイノアール・ユリアの館」(市川うららFM)に日本ウイグル連盟会長のトゥール・ムハメット氏が出演してくれることになり、筆者は「現代のホロコースト」ともいうべき中国におけるウイグル人迫害問題について実態を教えてもらった。

続きを読みます...

ウイグル弾圧は中国宗教迫害の序章なのか

Newsweek Japan, 25.01.2019

ラマダン明けの礼拝のため、モスクに集まった回族の家族(北京) KEVIN FRAYER/GETTY IMAGES

<宗教への締め付けが強まり、募るイスラム嫌悪……ウイグル人以外にも矛先が向かう日は近い?>

ニューヨークのNPOアジア・ソサエティーで先頃、中国西部の新疆ウイグル自治区でイスラム教徒のウイグル人を中心とする人々が100万人、またはそれ以上も当局によって強制収容されている問題を討議するイベントが行われた。その際、ある中国系の若者が筆者にした質問は胸騒ぎを覚えさせた。

「私は回族です」と、彼は言った。回族は中国最大のイスラム教徒グループだ。「中国内の回族の間では、ウイグル人の次は自分たちだとの恐怖が募っています。既に『反ハラール』の攻撃があり、回族の飲食店の窓が割られる事件が起きている。これからどうなると考えますか」

回族やその他の中国のイスラム教徒にとって現状は暗い。18年12月中旬には、いくつかの省でイスラム教の戒律にのっとって処理されたハラール食品の基準が廃止されるなど、ハラール事業への弾圧を強めた。しばらく前まで、輸出目的で政策的に奨励していたとは思えない変わりようだ。

続きを読みます...

国外のウイグル人が直面する究極の選択

Huffington Post, 25.01.2019

中国北西部の新疆ウイグル自治区で育ったヌルさん(仮名・男性)にとって、日本に留学することは長年の夢だった。2015年、その夢が叶い、両親に別れを告げ、新疆ウイグル自治区を後にした。前途に過酷な試練が待ち受けているなど、露にも思わずに。

2017年4月、母親から気がかりな電話があった。「警察がお前に帰国命令を出した」と。その後にきた父親からの電話は、さらに切羽詰ったものだった。「帰国するんじゃない。警察から書類を求められても、絶対、送るな。こっちに連絡するのは危険だ」。ヌルさんは困惑し、身震いを覚えた。

このような体験は、ヌルさんだけではない。国外にいるウイグル人の多くが、同じような抜き差しならない状況に置かれている。彼らは、国家の手を逃れるためだけに、海外へ逃れた。主にイスラム教を信仰するウイグル人は、中国では、民族的にも宗教的にも少数派で、国家による弾圧の対象だからだ。

続きを読みます...

ウイグルに「中国化」強要=習指導部、対外宣伝並行

JiJi, 16.01.2019

北京時事】中国でイスラム教徒の少数民族であるウイグル族に対して、伝統や価値観の修正を迫る「中国化」政策が強化されている。深刻な人権侵害が懸念されるが、共産党政権は「貧困対策やテロ対策が目的だ」と反論。批判をかわすために外国向けの宣伝活動に力を入れ始めた。

習近平国家主席は「宗教が社会主義に適応するよう積極的に導く」と主張し、宗教の「中国化」を推進してきた。特に、ウイグル族が多い新疆ウイグル自治区では「過激主義防止」や「職業訓練」の名目で思想教育のために事実上の強制収容施設を多数設置。100万人が収容されているという指摘もある。

共産党中央統一戦線工作部によると、今月1日、同自治区ウルムチ市でイスラム教の聖職者を対象に、共産党の歴史や中国語などに関する研修を行った。研修では、習指導部の方針に従い「愛国の模範」になることが求められた。
また、中国当局公認の中国イスラム教協会は5日の会議で「イスラム教の中国化」に向けた5カ年計画に関する決議を採択した。会議には中央統一戦線工作部関係者も出席。計画の詳細は不明だが、ウルムチでの研修もその一環で「社会主義の価値観」を信者に徹底するものとみられる。

続きを読みます...

100万人のウイグル人やカザフ人たちを救って!

Amnesty Japan, 16.01.2019


26歳のカザフ人学生、ボタ・クサインさんとその家族は、2013年に中国・新疆ウイグル自治区からカザフスタンへ移住し、そこで幸せに暮らしていました。ところが、2017年11月、父親が治療を受けるために同自治区へ戻ったきり、帰ってきませんでした。3カ月後、「再教育のために」強制収容所へ送られたことを親族から聞かされました。父親の消息は、依然として不明です。

ボタさんの話は、めずらしいものではありません。

中国・新疆ウイグル自治区では現在、100万人にのぼる人々が、不当に拘束されているとみられています。その多くはイスラム教の信仰を持つウイグル人やカザフ人たちで、宗教・文化を大切にして暮らしている人たちです。

続きを読みます...

ウイグルを中国化 党幹部と「親戚」に 漢族文化押し付け

東京新聞, 10.01.2019

【北京=中沢穣】中国の習近平(しゅうきんぺい)政権が、イスラム教少数民族のウイグル族らに対して漢族の文化や共産党の権威に従わせる「中国化」を迫る政策を強めている。新疆ウイグル自治区では百万人以上の幹部らを動員してウイグル族家庭を監視させる制度を導入したほか、国内のイスラム教徒を対象にした「中国化五カ年計画」も進めている。

党中央統一戦線工作部は三日、同自治区で百十二万人の党幹部や政府関係者と、百六十九万のウイグル族家庭がほぼ一対一で「親戚関係」を結ぶ制度が約二年前に導入されたと明らかにした。幹部らは各家庭を頻繁に訪れて生活相談などに応じるほか、冠婚葬祭にも参加するといい、「民族の団結や貧困軽減」で成果を上げていると自賛した。陳全国(ちんぜんこく)・自治区党委書記も自ら自治区南部のホータンの家族と「親戚」になり、「党と国、社会主義を愛する伝統をともに受け継ごう」と呼びかけたという。

続きを読みます...

国連のウイグル視察受け入れ 中国、条件付きで

Afpbb, 10.01.2019

【1月8日 AFP】中国外務省の陸慷(Lu Kang)報道局長は7日の定例記者会見で、新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)への国連(UN)の査察について、内政問題に介入しないことを条件に受け入れる姿勢を示した。

新疆ウイグル自治区をめぐっては、イスラム教徒の少数民族ウイグル人ら100万人あまりが強制収容所に入れられ、拷問や虐待を受けているとの報告が寄せられており、国際的な非難が高まっている。

続きを読みます...

中国のウイグル人、民族浄化の危機に直面

Vpoint, 04.01.2019

弾圧恐れず相次ぐ証言 海外で独立目指す動きも

中国政府は10月、イスラム教徒の少数民族、ウイグル族の事実上の収容施設に法的根拠を与えた。過激主義の影響を受けた人々に職業訓練や思想教育を行う再教育施設としているが、収容所内での虐待・拷問などの証言が相次ぎ、国際社会からの批判は強まっている。危機感を強めた海外のウイグル人団体は新たな組織を設立し、中国からの独立に向けて動き出した。 (石井孝秀)

日本ウイグル連盟によると、これまで日本や海外のウイグル人は自身や家族への弾圧を恐れて、中国批判を行う運動にはあまり積極的でなかった。しかし、近年は反中国の言動を行っているか否かにかかわらず、収容施設や刑務所に連行されるウイグル人が急増。海外に行っただけで「テロリズムを学びに行った」と当局に逮捕されたケースもあり、残された家族らがSNSなどで声を上げるようになった。

この記事の残りの部分を読むには、元の記事をご覧ください。

続きを読みます...

ウイグル、憎しみ「限界」 亡命組織のカーディル氏

Biglobe, 23.12.2018

中国から亡命したウイグル族の組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席は2018年10月下旬、共同通信の取材に応じた。主なやりとりは次の通り。カーディル氏は10月26日、ウイグル族らでつくる国際組織「自由インド太平洋連盟」の会長に就任し、既に「世界ウイグル会議」主席からは退いている。(共同通信=日出間翔平)

 ―国連人種差別撤廃委員会は中国の新疆ウイグル自治区で100万人以上が不当に拘束されたとの報告があったとしている。現在の状況は。

 「私の話をうそだと思わずに聞いてほしい。(拘束されたのが)100万人と言われているが、私たちは300万~500万人、もしかするとそれ以上かもしれないと推測している。多くのウイグル族が街から姿を消し、虐殺が続いている。親を失った子どもたちが、多数いる。状況は報道されているのに、なぜ世界は沈黙を破らないのか。私たちの訴えが足りないのだろうか」

続きを読みます...