新疆騒乱、日本でも抗議 在日ウイグル人「我慢限界だ」

朝日新聞 2009.07.12

中国の新疆(しんきょう)ウイグル自治区での騒乱を受け、日本に住むウイグル人や支援者ら約500人が12日、東京・渋谷の繁華街で中国政府の対応を非難するデモを繰り広げた。ウイグル人らは故郷に残る家族への影響を心配しながら、怒りの声を上げた。

日本ウイグル協会の呼びかけで集まったウイグル人約50人を先頭に「弾圧をやめろ」「子供を殺すな」と声をからして訴えた。神奈川県在住の男性は「新疆の両親に影響するのが心配で表に出るのを我慢してきたが、もう限界だ」と話した。

同協会によると、日本に暮らすウイグル人は800~千人ほど。中国当局の監視を恐れ、悩んだ末に参加を断念した人も多いという。

11日には都内のモスクで騒乱による死者を弔う礼拝があり、約100人のウイグル人が参加した。(林望)

http://www.asahi.com/national/update/0712/TKY200907120234.html