中国警察当局、フランス人記者がケルピン県ウストンクムエリック村に入ることを許さず

RFA 2008年7月30日 (一部抜粋)

中国当局は7月30日に、フランス人記者がアクス地区ケルピン県ウストンクムエリック村に入ることを許さなかった。フランス通信のケルピン県からの報道によると、ウストンクムエリック村に行く各々の道に検問所が設けられており、『この区域に入ることは許されない』と言う内容の標記が書かれてあったという。

フランス人記者がウイグル自治区政府や中国外務省に電話し、中国政府は『記者たちが如何なる場所に行って取材することを許す』と約束したはずではないかと問いただしたのに対して返事がなかったという。

RFAでは、ケルピン県ウストンクムエリック村で10年前に建てられたモスクが中国当局によって「不法宗教活動を行った」との理由で破壊されたことを6月に報道していた。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/uyghur/fransiye-muxbirliri-kelpinde-07312008050259.html

【関連記事】

[非道中共]オリンピックを支持しないと言う理由でモスクを破壊して、コーラン没収、関係者拷問[ウイグル、アクス地区ケルピン]