中国当局:断食期間中に一日でも営業を停止した飲食店・レストランの営業許可を一年間取り消す

RFA 2012.07.24 | 翻訳・掲載:2012.07.29

ホータンからRFAに情報提供したウイグル人住民らによると、中国当局は飲食業を営むウイグル人住民らに対し、断食期間中に飲食店・レストランの営業を停止することを禁止すると通告し、断食期間中に一日でも営業を停止した飲食店・レストランの営業許可を一年間取り消すと警告していると言う。

中国当局は、ウイグル人社会で断食そのものに対する禁止・制限を今年一層厳しくしている。最近現地からRFAの電話取材に応じているウイグル人住民らによると、特にウイグル南部では、共産党党員、各階級の役所や国営企業の職員、学生や教師らを、断食しないことを誓う文書に署名させたと言う。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/qisqa_xewerler/ramazan-ashpuzul-07242012161152.html

【関連記事】

  • 宗教弾圧(当サイトトップページ → 現在起きている問題)