スウェーデン、ウイグル人に難民の地位を付与へ

TRT Japan, 25.03.2019

スウェーデンが、中国の新疆ウイグル自治区出身のウイグル・トルコ人やその他のムスリム少数派グループの人々に難民の地位を与えると伝えた。

移民局のインターネットサイトから行われた発表で、中国の新疆ウイグル自治区から来てスウェーデンに難民申請を行うムスリムのウイグル・トルコ人やその他のムスリム少数派グループの人々に、難民の地位が与えられると伝えられた。

発表で、このグループの人々の難民申請は直接承認され、国外追放とはならないと伝えられた。

中国にある収容所に拘置されているウイグル人の数は100万人以上いると伝える国連人権理事会の報告書に言及した発表で、

「ヒューマン・ライツ・ウォッチの報告書からも、新疆ウイグル自治区における宗教の自由の規制が大きく広まっており、その地域でイスラムの宗教を生きることは実質的に禁じられた」と述べられた。

スウェーデン・ウイグル・マアリフ協会のアフメド・トゥルスン副会長は、喜んで受け入れたこの決定が、他の欧米諸国でも行われることを期待していると述べた。