ウイグル領土公安庁、ネット上で16種類のテーマに関する議論を禁止

RFA 2008年7月23日 (一部抜粋)

中央通信社の報道によると、ウイグル領土の公安庁が通知書を発行し、ネット上で16種類のテーマに関して議論することを禁止した。

ネット上で議論することが禁止されたのは、中央政府及び地方政府の問題点に関するテーマ、共産党に不利なテーマ、中国社会の民主化や自由に関するテーマ、ウイグル領土の政治情勢に関するテーマ、敏感性の高い歴史事件や歴史的人物に関するテーマ、敏感性の高い宗教に関するテーマ...など16種類のテーマとなっている。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/uyghur/16-torda-cheklengen-temilar-07232008185126.html