「事件の責任は中国に」

産経新聞 2008.8.10 14:37

中国新疆ウイグル自治区クチャ県での警察施設襲撃事件について、海外のウイグル人を束ねる穏健派組織、世界ウイグル会議(本部ドイツ・ミュンヘン)は「事件の責任は中国政府の抑圧政策にある」と述べた。英BBC放送が10日、報じた。

BBCによると、同組織のスポークスマンは中国がウイグル人に組織的な抑圧政策を行っていると強調。「中国政府が圧政を即時に中止するよう、国際社会は圧力をかけるべきだ」と訴えた。

世界ウイグル会議は世界の亡命ウイグル人組織を束ねて2004年に結成。新疆ウイグル自治区の平和的独立を掲げている。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/china/080810/chn0808101438007-n1.htm