新疆、カザフ人2500人収容中 再教育施設元職員が法廷で暴露

Minkabu, 25.07.2018

あの施設のことを法廷で証言した私は、中国の国家機密を漏らしたことになります」。最近、カザフスタンの裁判で出廷したカザフ系中国人女性は、新疆ウイグル自治区の「再教育施設」の存在について証言した。同所で一時働いていたこの女性は、2500人ほどのカザフ人も施設に収容されていると暴露した。

人権団体などによると、中国最西部・新疆ウイグル自治区では、共産党当局がウイグル族住民を中心に、信仰とウイグル文化の放棄、党に従うことを強いる「思想再教育施設」が複数あるといわれている。共産党政権は、これらの機密扱いである施設の存在を否定している。

独メディア、ドイチェ・ヴェレ7月18日付によると、カザフ系中国人のサイラグル・サイベイさんが4月、夫と2人の子どもとともに、カザフスタンに入国した際、偽造文書で不法入国した罪を問われた。夫と子どもらがカザフスタン国籍のため、現地の公安当局が5月21日に彼女を逮捕した。

しかし、最も注目を集めたのは、不法入国問題ではなく、彼女が一時務めていた新疆の再教育施設に関する証言だった。

証言によると、サイベイさんは当時、再教育施設に関する機密文書を確認できる仕事をしていた。内部資料によると、施設にはカザフスタン系の新疆地区の住民が2500人ほどいて、ほとんどの収容者は少数民族だという。

「中国当局は(政治的な)『施設』と言っているが、実際は山の中の監獄です」とサイベイさんは述べた。彼女は、施設のなかで当局者から「カザフスタンに再び足を踏み入れることは許されない」と言われたという。

中国共産党政権は、「テロ・過激派の制圧」の名目で、新疆とカザフスタンにおける少数民族に対する抑圧的政策をとっている。ミュンヘン拠点の世界ウイグル会議代表によると、150万から200万人が収容されたのではないかと推測している。

サイベイさんの親戚はカザフスタンにいる。人口およそ800万人の新疆には150万人のカザフ系住民がいる。

参考:カナダの中国人留学生、新疆の収容施設21カ所を発見 衛星画像の分析で6月にドイチェ・ヴェレの取材に答えた、チベットおよび新疆問題専門家アドリアン・ゼンズ氏は、少なくとも20万人は再教育施設に収容されていると述べた。 www.epochtimes.jp/2018/07/34731.html

サイベイさんの夫ワリ・イスラムさんは法廷で、国営幼稚園の職員だった妻が、再教育施設で働き始めるとコンタクトが取れなくなくなったと証言した。このため、妻は当局に騙されて就職したのだと理解したという。

サイベイさんの弁護士アブザル・クスパノフ氏は、身の危険が及ぶとして、被告を送還しないよう主張している。AFP通信の取材に答えたクスパノフ弁護士は、「入国法を犯したことは事実だ。罪を受ける準備ができている。しかし、彼女が中国に戻れば、消されるだろう」と語った。

(編集・佐渡道世)