7.5ウルムチ大虐殺事件後に失踪させられた人々(その9)

RFA 2012.05.30 | 翻訳・掲載:2012.06.06

ウルムチ事件後に失踪してしまったウイグル人の一人は、エイサジャン・エメット氏である。(写真:エイサジャン氏と、彼のお母さん・奥さん・お子さん)

エイサジャン・エメット氏は、1984年にカシュガルで生まれ、カシュガルで育った。彼は、2008年に結婚し、ウルムチに移住していた。

彼はコックである一方、アマチュアの詩人・演奏家・歌手でもあった。彼の奥さんであるトヒテグリさんへの電話取材では、彼が自ら作った歌詞2件と、彼が自らギターで歌った歌3件が入手できた。(注:日本語訳では、歌詞や歌が省略された。)

現在、彼のお母さんや奥さんのほか、まだ一度もお父さんの顔を見たことのない二歳半の幼いお子さんも彼の消息を待ち望んでいる。

http://www.rfa.org/uyghur/xewerler/tepsili_xewer/ghayib-bolghanlar-05302012173558.html

【関連記事】