中国の抑圧でウイグルの若者が危機的状況に

RFA 2008年2月6日
http://www.rfa.org/english/news/2008/02/06/uyghur_youth/

海外および国内の専門家やウイグル人によれば、中国は新疆ウイグル自治区の伝統的ムスリム文化を制限し、ウイグルの若者を危機的な状態に置いている。

亡命したウイグル人女性企業家、ラビア・カーディルさんによると、ウイグルの人々はそのアイデンティティや生活様式を中国の支配のもとで保護することが何年もできた。その支配の時代は短命であった1930年代後半と1940年代の東トルキスタン共和国消滅の後に始まった。

「ウイグル人が盗みやスリ、人さらいをすることなど聞いたことがありませんでした。」ラビアさんは語る。彼女は新疆でアメリカ議会の人権代表団と面会を試みたことで入獄した後、2005年に合衆国に来た人物である。

しかし彼女は1987年から北京がウイグルの伝統に対して、計画的な攻撃をはじめていると批判した、すなわち当局が中国の他の地方から新疆ウイグル自治区に「共通した犯罪者」を送りこみ始めていると言ったのである。

ウイグル人は1600万人以上の人口と考えられており、明白なトルコ系言語を話す、中国と中央アジアに居住するムスリムの人々である。

ドラッグ文化に「不用意」

「ドラッグのようなものが突然入ってきた。それで人々は全く用意が出来なかった。」ミュンヘンに本拠を置く世界ウイグル会議を率いるラビア・カーディルさんは言った。「人々は衝撃を受け、この状況に対応するすべを知らなかったのです。」

学校において、ウイグルの子供たちは往々にして、中国語での指導を法律によって要求されることによって障害をこうむっている、と新疆工学院の前学生部長だった、イルシャット氏は言った。

2003年に新疆を離れ、短期間マレーシアに居住した後、昨年合衆国に来たイルシャット氏は「家庭内において、ウイグル人は伝統的なウイグル語とウイグル文化を持つが、学校に入学すると中国語と中国文化を強制的に学習させられる。これは洗脳のようなものである。」と言う。

中等学校の卒業後大学に入学するウイグル人学生は中国語の能力しかない、とイルシャット氏は言う。
「だが、私たちは私たちの大学でのウイグル語での教育を持っていない。ウイグル人学生は全ての教科を中国語で学ばなくてはならない。」

イルシャット氏は、多くのウイグル人学生は学問を続けたり職を見つけたりすることができずにドラッグや飲酒におぼれる、と言った。そしてウイグル人学生が漢人学生と争いになったときには、警察が責めるのはウイグル人であり時には打ちすえられたりする、と彼は言った。

彼らの教師として「私は彼らを助けたかった。しかし何もできなかった。」とイルシャット氏は言った。

学校でのプロパガンダ

ある女性がラジオフリーアジア、ウイグル語放送に語ったところによると、新疆ウイグル自治区アクス地区シャヤール(沙雅)県のある高等学校では新疆の学校においての彼女が呼ぶところの「プロパガンダ」が日常茶飯である。当局は特に民族分裂主義や宗教活動に対して学生たちに警告をあたえている。

「断食月の期間、彼らは彼らの目の前で私たちに食物を食べることを求める、私達が断食をしているかどうか知るためである。彼らは断食をしないように、礼拝をしないように命令する。…彼らは私たちに他の人間がそういうことをするのを見れば彼らに伝えるように求める。」

「彼ら(学校当局)はこのことによってプロパガンダ工作を進めているのです。」彼女は付け加えて言った。「政治学習を終わった後、彼らは私たちに論文の形式のような意見を書くことを求めるのです。」

中国支配下の新疆においての政治的、社会的緊張の中で、ウイグル人青年はますますクラック(裂け目)に落ち込んでしまうようになる。
ボルチモアのジョン・ホプキンス大学保健学部研究所准教授であるクリス・ベイラー氏はウイグル人ドラッグ使用者の大部分は「驚くべきほど男性ばかりでかつ若い」と示す。

准教授は新疆は中国の地域別で雲南省に次いで麻薬注射とHIV汚染に冒されていると加えた。雲南省はミャンマー、ラオス、ベトナムと国境を接する南西部の省である。

強制労働、誘拐

「そしてウイグル族は不幸なことに人口比に比例せず多くドラッグとHIVに冒されている。」ベイラー准教授は言った。

ユニセフは最近に新疆でのHIV感染者数は2007年末に20,000人に昇っていたと推定した。

ラビア・カーディルさんはウイグルの子供たちが時折、犯罪組織に誘拐され中国の東の都市で泥棒として強制的に働かされており、またウイグルの少女たちが就職の見込みがあると騙された後に性労働あるいは強制労働のために人身売買されていると言った。

しかしウイグル人の自身の文化やイスラム伝統は彼らを助けるためにはだんだん無力となっている、と彼女は付け加えた。

ウイグルの18歳以下の子供は中国の法律によって宗教活動への参加やモスクへの出入りが禁止されている、そして何百人ものウイグル青年が現在新疆の都市や町の通りをさまよっている、とラビアさんは言う。

「もしも中国政府が本当にウイグル人について心配しているのならば」「それらの子供たちは通りでバッグを売ったり、靴磨きをしたり、乞食をするのでなく学校へ行っているだろうに。」

民族差別

合衆国国務省スポークスマンは、昨年の新疆での人権侵害は「広範なものであり組織的である。」と語った。
「中国政府は厳しい文化的、宗教的抑圧を続けている。」「公安装置は新疆での被拘束者と囚人の何人かを扱うのに拷問と侮辱的方法を採用していた。」
「中国政府の新疆への漢族中国人移入奨励政策は漢族人口の増大の結果をもたらし、ウイグル人の中に憤懣の根源を残している。」

2007年の世界中の人権状況についての報告書において、国務省は「中国の国境地域の少数民族の多くは教育されておらず、漢族移住者に有利な就職差別は国営企業群においてさえ重大な問題のままである。」と言う。

新疆生産建設兵団が2006年の6月に840名を新疆ウイグル自治区から新卒雇用したと発表したが、「ほとんどすべて」の欠員は漢族中国人のために指定されていた、と国務省は報告している。

「民族差別は、新疆ウイグル自治区、内モンゴル、チベットなどの地域において深い憤懣の根源であった。」

増大する漢族人口

営業時間内の電話とEメールで中国大使館と中国の保健担当職員にコメントを求めたが、答えが帰ってくることはなかった。

中国政府の統計によれば、漢族中国人の人口は全体の1949年には6%だったのが2005年には40%に増えている。 漢族中国人は政府の計画から非構成比的に給付をもらって経済を発展させている。

比較的に繁栄している省都ウルムチでは、ウイグル族の人口構成比は80%から20%に落ちており、より深い怒りをウイグル人に起こしている。

専門家は、公式統計は何千人もの「一時的な」長期の任務でのこの地域の漢族労働者を省いていることによって、漢族人口を低く見積もっていると言う。

日本語訳ソース:

http://kok2.no-blog.jp/tengri/2008/02/1_273d.html