お知らせ:世界ウイグル会議第4回総会と、ウイグル人活動家向けの第6回教育セミナーが東京で開催される

WUC 2012.03.08

世界ウイグル会議(WUC)は、2012年5月に世界ウイグル会議第4回総会(5月14日~17日)と、ウイグル人活動家向けの第6回教育セミナー(5月18日~20日)を日本・東京で開催することを発表します。世界ウイグル会議は、この二つのイベントに世界中から100人ほどのウイグル人代表が参加すると見込んでいます。開会式には、日本の各政党の党首、国会議員、政府高官、そして国際人権組織の代表らが招かれます。

開会式は、5月14日に日本国会で開催され、一般の人にも公開されます。

世界ウイグル会議第4回総会では、代表らによって世界ウイグル会議の新しい指導部が選ばれます。そして、世界ウイグル会議の活動報告書や会計報告書が議論されます。

二日半にわたって実施されるウイグル人活動家向けの教育セミナーは、全米民主主義基金(NED)の支援により、世界ウイグル会議と日本ウイグル協会の共同開催となります。今年のセミナーでは、参加者をソーシャルネットワークなど新しいメデイアの活用方法やインターネットセキュリティーに関する知識を高めるための教育に焦点をあてることになります。ウイグル人コミュニティーからの経験豊かな活動家たちと、他のNGOコミュニティーからの経験豊かな招待客たちがワークショップ部会の主役となります。世界ウイグル会議は新しいメデイアの活用方法やインターネットセキュリティーに関する議論のためにジャーナリスト、ブロガー、ウェブサイトの管理人たちを招待することにしています。

2007年以来、NEDの財政援助及びUNPO(代表なき国家民族機構)の協力により、世界ウイグル会議は毎年一回ウイグル人活動家向けの教育セミナーを実施してきました。過去のセミナーは、オランダ、ドイツ、ベルギー、アメリカ、オーストラリアで実施されました。

世界ウイグル会議について

世界ウイグル会議は、東トルキスタン国内外のウイグルの人々の集団的利害を代表する国際的な組織です。世界ウイグル会議は、2004年4月16日にドイツ・ミュンヘンで開催された総会で、東トルキスタン民族会議と世界ウイグル青年会議の合併により誕生した統一組織です。世界ウイグル会議は、平和的、非暴力的、民主的な手段を利用し、ウイグルの人々の自由、民主、人権、民族自決権、そして、東トルキスタンの独立した政治的将来の獲得を目的としており、そのために奮闘します。世界ウイグル会議の第2回総会は2006年にドイツ・ミュンヘンで、第3回総会は2009年にアメリカ・ワシントンDCで開催されました。

今回の二つのイベントに関する更に詳しい情報は、近いうちに世界ウイグル会議公式サイトに掲載されます。

http://www.uyghurcongress.org/en/?p=14626