偽物の自治権

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

人口問題(大量移民・強制中絶・故郷追放)

中国政府は、ウイグル人の言語・歴史・文化・宗教を徹底して弾圧し、ウイグル文化やウイグル民族そのものを完全に抹殺しょうとしている。ウイグルの民族アイデンティティを否定する民族浄化政策の結果、シルクロードの主な文化を作り上げたウイグ ル人は今や絶滅に瀕している。

中国人(漢人)移民の大量入植

現在、ウイグルの完全同化を現実にするために、数百万人もの漢人移民が東トルキスタンに入植している。1949年以前は、東トルキスタンで漢人が20万人ほどしかいなかった。しかも、満州(清)の時代やその後の軍閥らとの戦いの時代に東トルキスタンに流れてきた軍人や軍人の家族がその大半を占めており、一般の漢人市民はほとんどいなかった。(清の侵略以前は全くいなかった。)

続きを読みます...

不当拘束・逮捕・人質

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

拷問・報復・見せしめ脅迫

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

死刑執行と裁判外の司法による殺人

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

宗教弾圧

中国政府は、ウイグル人の言語・歴史・文化・宗教を徹底して弾圧し、ウイグル文化やウイグル民族そのものを完全に抹殺しょうとしている。ウイグルの民族アイデンティティを否定する民族浄化政策の結果、シルクロードの主な文化を作り上げたウイグル人は今や絶滅に瀕している。

ウイグル人とイスラム教

ウイグル人とイスラム教の接触は紀元9世紀当初から(当時アラブ帝国の支配下に置かれイスラム教を受け入れた中央アジア・西トルキスタンに暮らすトルコ系諸民族の同胞たちとの交流の影響で)始まっていたが、当時は、ウイグルの一部の一般庶民がイスラム教を受け入れただけで、ウイグルの支配者階層(王族階層)の間では受け入れていなかった。

続きを読みます...

中国化政策(言語の剥奪・文化の虐殺)

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

経済的略奪と不平等、環境破壊

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

健康と核実験

1949年の占領以来、東トルキスタンの人々の生命、土地、財産が中国の軍事・経済発展のために犠牲にされてきた。ウイグル人の先祖たちが代々暮らしてきた土地は中国共産党政権により核実験場にされ、より肥沃な土地は中国人(漢人)により殖民された。その過程の中で、巨大な石油・ガス・石炭などの豊かな天然資源や希少金属は中国の渇望する経済を満たすために搾取された。中国は、東トルキスタンで核実験を繰り返し軍事力を世界に誇示しつつ、経済発展を遂げ、ついに軍事・経済大国までになった。その影で核実験のモルモットにされたウイグル人の生命、土地、そして略奪された巨大な資源が犠牲となってきた。ウイグル人の生命や財産の犠牲の上に、中国の今の軍事・経済発展が成り立っているのである。

中国政府が東トルキスタンで強行した危険極まりない核実験

中国政府は、ウイグルの祖国東トルキスタンのロプノルに建設した核実験場で1964年から1996年にかけて、地表・空中・地下にて延べ46回、総爆発出力(エネルギー)およそ20メガトン(1945年に広島に投下された原子爆弾の1000倍に相当する爆発出力)の核爆発実験を行った。そのうち、地表核爆発は12回、空中核爆発は11回、地下核爆発は23回となっている。

続きを読みます...

言論弾圧

日本語版は準備中です。

日本語版の準備ができるまでは、当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...