中国の東トルキスタン占領から61年、各国で抗議活動

WUC 2010.10.07

中国の東トルキスタン占領から61年が経過した。10月1日は「中華人民共和国」の建国記念日であり、名ばかりの自治区である所謂「新疆ウイグル自治区」の成立記念日でもある。一方で、この日はウイグル人にとって祖国東トルキスタンが中国に占領されウイグル史上最悪の暗黒時代が始まった追悼の日でもある。

ウイグルの祖国東トルキス タンが中国共産党に侵略されたこの61年間以来、ウイグルの人々の自由を取り戻すための試みが繰り返し血の鎮圧を受けてきた。数々の英雄なる男女たちが命 を落とした。数々の無実の男女たちが中国による国家テロの犠牲になった。生まれるはずの数々の赤ちゃんが生まれてくる前に死刑を受けた。数々の人が46に渡る核実験の犠牲になった。数々のウイグル人女性が中国本土に強制連行され、21世紀における『中国の特色ある奴隷貿易』プロジェクトの犠牲になった。ウイグルの人々は母語から信仰までなにもかもが奪われた。

昨年7月5日のウルムチ大虐殺事件は、中国共産党政権がこの61年間東トルキスタンで行った最悪の虐殺事件の一つであり、ウイグルの人々の心には永遠に消えない深い傷と憎しみを残した。それと同時に、中国による61年間にわたる植民地支配の失敗を全世界に示した。今の過激な圧政やウイグル人絶滅計画が続く限り、見かけ上は力で政権維持ができたとしても、ウイグル人の心服を得ることは絶対不可能であろう。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁、アメリカ陸軍士官学校「ウエストポイント(West Point)」でウイグル情勢について演説

RFA 2010.09.30 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.10.01

ウイグル民族運動のリーダラビア・カーディルさんは、今週の水曜日に、アメリカ陸軍士官学校「ウエストポイント(West Point)」で現在のウイグル情勢について演説を行った。

演説には、2000人以上の陸軍士官が参加した。演説の後、ラビア・カーディル総裁は一部の高官や将軍らと個別に会談した。会談は、メデイアには非公開な形で行われた。

続きを読みます...

ドルクン・エイサ事務総長、日本の国会議員らと会談

RFA 2010.09.28 – 30 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.10.01

日本を非公式訪問していた世界ウイグル会議のドルクン・エイサ事務総長は、9月29日に国会を訪れ、複数の国会議員らと 会談した。会談では、現在ウイグル情勢や中国による過酷な圧政の実態などを報告し、日本国に対する期待や要望など伝え た。

ドルクン・エイサ事務総長の今回の訪日は、東京で開催されている「国際ペン東京大会2010」の招聘によるものだったが、 序にウイグル問題を日本の政界や一般社会に訴える活動も行った。9月26日に東京で開催された「ウイグル運動の過去と未 来」と題する一般向けの講演会もその一例である。

続きを読みます...

ウイグル暴動1年 米で抗議集会

産経新聞 2010.07.02

【ワシントン=古森義久】中国の新彊ウイグル自治区で昨年7月に起きた騒乱事件の1周年を記念して在外ウイグル人組織と米国の人権団体が連帯して中国政府に抗議する集会が1日、ワシントンで開かれた。

「世界ウイグル会議」と「ウイグル米人協会」「全米民主主義基金」が合同で同集会を開催。中国領内のウイグル族を代弁する国際組織の「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は「昨年7月の『ウイグル人の暴動』とされる出来事は、現実にはウイグル側の平和的な抗議運動を中国当局と漢民族が暴力的に弾圧した結果であり、中国政府は数千人のウイグル人を不当に逮捕し、現在もなお弾圧を続けている」という声明を発表した。

同議長はさらに「新彊ウイグル地区では中国当局がウイグル人の宗教、言語、文化などを抹殺するための措置を現在も進め、経済的にもウイグル人が阻害されて、漢族中国人を不当に優遇している」と訴えた。

この集会には「人権ウオッチ」「国境なき記者団」「チベット国際キャンペーン」「中国に関する米国議会・政府委員会」らの代表も参加して、中国政府の対ウイグル人政策を非難した。

続きを読みます...

世界ウイグル会議は、ウルムチ大虐殺事件の一周年記念・抗議活動への参加を呼び掛ける

世界ウイグル会議傘下組織の主な記念・抗議活動スケジュール

 

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁、スタンフォード大学で演説

RFA 2010.06.01 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.06.08

2010年5月末に、アメリカ・サンフランシスコにあるスタンフォード大学でウイグルとチベット情勢をめぐるシンポジウムが開催された。シンポジウムでは、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁が最近のウイグル情勢、特に、昨年のウルムチ事件以降のウイグル情勢について演説を行った。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁、欧州三カ国を訪問

RFA 2010.04.27 – 2010.05.07(一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.05.14

世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁は、2010年4月下旬から二週間(4月26日~5月7日)の予定で欧州三カ国(ノルウェー、ベルギー、スペイン)を訪問し、ウイグル問題の国際化に関する一連の活動を行った。ノルウェーとベルギーはこれまで何度も訪問していたが、スペインは今回が初めの訪問となった。

続きを読みます...

ドルクン・エイサ事務総長、民主主義のための世界的な運動(world movement for democracy)の総会でウイグル人の声を発信

RFA 2010.04.23 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.04.27

民主主義のための世界的な運動(world movement for democracy)の第六回目総会は2010年4月11日~15日にインドネシアの首都ジャカルタで開かれた。総会には、世界各国から600人以上の民主活動家・人権活動家が参加した。インドネシア大統領をはじめとする多くの国会議員や政治家も参加した総会には、ウイグル人の代表として、世界ウイグル会議のドルクン・エイサ事務総長が出席し、ウイグル人の声を伝えた。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁はオランダを訪問し、ウイグル問題を訴えた

RFA 2010.03.26 – 2010.04.02 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.04.08

世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁は、2010年3月24日~4月1日にオランダを訪問し、オランダ社会・政界にウイグル問題を訴えた。ラビア・カーディル総裁は、十日間にわたる今回のオランダ訪問で、主に次のような活動を行った。

続きを読みます...

ドルクン・エイサ事務総長は、国連人権理事会第13会期中にジュネーブで一連の活動を行い、ウイグル問題を訴えた

WUC 2010.03.17 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.03.23

世界ウイグル会議のドルクン・エイサ事務総長は、スイス・ジュネーブで開催中の国連人権理事会第13会期(2010年3月1~26日)の会議に出席した。そして、会期中にジュネーブ国連本部会議場内で開かれた複数の国際会議でウイグルの人権情勢、特に、昨年のウルムチ事件とその後の人権弾圧について報告を行い、ウイグル問題を訴えた。また、国連人権理事会の一部の責任者、世界各国の国際組織の代表、人権活動家、複数の国の国連代表らと個別に会談し、ウイグル問題を訴えた。

続きを読みます...