世界ウイグル会議代表団が国連での活動をやり遂げた、中国の理不尽な振る舞いが失敗に終わった

WUC 2011.11.30 | 翻訳・掲載:2011.12.06

国連人権理事会第四回少数民族問題フォーラムが2011年11月29日~30日にジュネーブで開かれた。今回の会議では主に、世界中の少数民族の女性が抱える諸問題が議論された。

今回の会議には、190か国以上の国連加盟国の国連代表のほか、世界中の人権組織の代表ら数百人が参加しており、ラビア・カーディル総裁をはじめとする世界ウイグル会議代表団も出席し、ウイグル人女性の問題を取り上げた。

会議2日目の11月30に、世界ウイグル会議代表に3分間の発言権が与えられた。ラビア・カーディル総裁及び世界ウイグル会議を代表してアリム・セイット氏が3分間演説し、東トルキスタンのウイグル人女性が抱えている諸問題、特に、2009年7月7日にウルムチで平和的な抗議デモを行ったウイグル人女性らがその後強制失踪させられたり、処刑や終身刑を含む過激な処罰を受けたりしたことなどを取り上げ、中国政府を強く非難した。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁がノルウェーを訪問し、ウイグル問題をアピール

ベルゲンで開催された国際シンポジュウム

RFA 2011.10.31 – 11.04(一部抜粋)| 翻訳・掲載:2011.11.04

2011年度ラフト人権賞の授賞式及び一週間にわたって開催されるノルウェーのラフト人権財団創立25周年記念大会に出席するため、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁は、10月31日からノルウェーを訪問している。今回のイベント期間中には世界の人権をテーマにした複数のシンポジュウムなどが予定されており、ラビア・カーディル総裁はウイグル問題を広くアピールすることにしている。

ノルウェーのベルゲン市を訪問しているラビア・カーディル総裁は11月1日、ノルウェー内閣情報調査室と入国管理局の担当者らと会談し、東トルキスタンで進行中の弾圧の実態や弾圧を逃れようと周辺各国へ脱出したウイグル人政治難民が直面している強制送還とその後の拷問・強制失踪などを詳しく説明し、ノルウェーをはじめとする欧州各国がウイグル人政治難民の受け入れにもっと前向きな姿勢で臨むよう求めた。

続きを読みます...

世界ウイグル会議、第4回目のウイグル人女性向けの人権・民主教育セミナーを実施

RFA 2011.09.24 – 26 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2011.09.27

世界ウイグル会議、国際ウイグル人権・民主基金、全米民主主義基金(NED)の協力により、第4回目のウイグル人女性向けの人権・民主教育セミナーが2011年9月24日~26日にエストニアの首都タリンで実施された。(第1回目は2007年3月にアメリカ・ワシントンで、第2回目は2008年7月にドイツ・ミュンヘンで、第3回目は2009年11月にカナダ・トロントで実施されていた。)

三日間に渡ってエストニア国立図書館の会議場で開かれた今回のセミナーには、世界各国から集まった50人以上のウイグル人女性が参加した。また、世界各国から参加した専門家たち、NED代表、国際人権団体などの代表ら、エストニア国会議員や欧州議会議員らも参加し、講義・スピーチを行った。

続きを読みます...

世界ウイグル会議は、ウルムチ大虐殺事件の二周年記念・抗議活動への参加を呼び掛ける

世界ウイグル会議傘下組織の主な記念・抗議活動スケジュール

 

続きを読みます...

「東トルキスタンのウイグル人の未来」と題する国際会議が米国会議事堂で開幕

RFA 2011.05.02 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2011.05.04

「東トルキスタンのウイグル人の未来」と題する国際会議が、2011年5月2日にワシントンDCの米国会議事堂で開幕した。世界20カ国から集まった異なる主張を持つ150人ほどのウイグル人代表らが東トルキスタンのウイグル人の未来と東トルキスタン民族運動の今後について話し合うこの国際会議は、2011年5月2日から8日までにアメリカで開催されることになっている。

初日の5月2日は、午前中に米国会議事堂で開会式が行われ、午後にはワシントンにある中国大使館前で抗議デモが行われた。午前10時から12時半まで行われた開会式では、世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁が演説したほか、米下院議員(共和党)Frank R. Wolf氏、米下院議員(民主党)Jim McGovern氏、全米民主主義基金(NED1)の代表Carl Gershman氏、ブッシュ政権で国務次官補を務めたRandall Shriver氏などが演説しウイグル人への支持を表明した。

NED代表のCarl Gershman氏は演説の中で、中国当局がウイグル人に対して民族浄化政策を行っており、アメリカ政府及び国際社会がこの問題に直ちに反応しなければならないと指摘した。米下院議員Jim McGovern氏は演説の中で、ウルムチ事件で中国当局が行った武力鎮圧、無差別拘束・逮捕、処刑や無期限の拘束などを強く非難した。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁、四日間のスペイン訪問を開始

RFA 2011.04.05 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2011.04.07

一週間以上続いたオーストラリア訪問を終えて3月末にアメリカに帰ってきたばかりのラビア・カーディル総裁が、四日間(4月5日~8日)のスペイン訪問のために、4月4日にアメリカからスペインに向かって出発した。

ラビア・カーディル総裁の今回のスペイン訪問では、首都マドリードで開催されるアムネスティ・インターナショナルの大会で演説することが予定されているほか、欧州の一部の政治家や人権活動家らとの面会、記者会見などを通じて、ウイグル人を取り巻く過酷な政治情勢について訴えることにしている。

続きを読みます...

第5回目のウイグル人活動家向けの人権・民主教育セミナーが濠・ニューサウスウェールズ州議会で開幕

WUC 2011.03.21 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2011.03.23

世界ウイグル会議は、全米民主主義基金(NED)の支援のもとで、2007年から国際的専門家たちを招いてウイグル人政治活動家向けの人権・民主教育セミナーを毎年実施している。2011年3月21日の午前9時に、第5回目のウイグル人政治活動家向けの人権・民主教育セミナーがオーストラリア・ニューサウスウェールズ州議会で開幕した。

セミナーには、ラビア・カーディル総裁やドルクン・エイサ事務総長をはじめとする世界ウイグル会議指導部の主要メンバーら、各国のウイグル人組織の代表ら、NEDの副代表、外国人の専門家・人権活動家・政治家たち、メデイア関係者などが参加している。

続きを読みます...

世界ウイグル会議代表団、欧州七カ国を訪問

ラビア・カーディル総裁が、欧州議会内で開催された「絶滅の危機にひんしてい るシルクロードのオアシス都市カシュガル」と題する国際会議にて

ラビア・カーディル総裁が、欧州議会内で開催された「絶滅の危機にひんしてい るシルクロードのオアシス都市カシュガル」と題する国際会議にて

WUC 2011.01.17 – 2011.02.05 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2011.02.06

ラビア・カーディル総裁をはじめとする世界ウイグル会議代表団は、2011年1月20日~2月6日にかけて欧州七カ国(オランダ、フランス、ベルギー、ノルウェー、スウェーデン、フィンランド、ドイツ)を訪問した。

今回の欧州訪問では、欧州各国のウイグル人コミュニティとの交流や組織整備、ウルムチ大虐殺事件後に欧州各国に亡命してきたウイグル人らを取り巻く諸問題に対する実態調査や彼らへの慰問、今年5月にアメリカで開催されることになっている「東トルキスタンウイグル人特別会議」に関する宣伝や各種準備の調整などが行われた。

また、ラビア・カーディル総裁をはじめとする世界ウイグル会議代表団は、ノルウェーのラフト人権財団やアムネスティ・インターナショナルの各国支部など複数の人権団体のほか、オランダ議会、スウェーデン議会、フィンランド議会、欧州議会や欧州委員会を訪問し、人権団体代表や各国政府関係者らと会談し、東トルキスタンにおける過激な圧政に苦しむウイグル人の状況を報告し、支援を訴えた。

特に、一行の欧州訪問に合わせて、1月27日に、ベルギーの首都ブリュッセルにある欧州議会内で「絶滅の危機にひんしているシルクロードのオアシス都市カシュガル」と題する国際会議が開催され、中国当局がウイグルで行っている文化の虐殺などの実態が国際社会にアピールされた。会議には、欧州議会副議長を含む多数の政治家、専門家および報道関係者らが参加した。会議では、ラビア・カーディル総裁が演説を行った。

続きを読みます...

ホワイトハウス前で抗議 チベット人やウイグル人ら

産経新聞 2011.01.20

 公式訪米している中国の胡錦濤国家主席とオバマ大統領の首脳会談が開かれたホワイトハウスの前で19日、在米のチベット人やウイグル人のほか、台湾独立派の活動家ら数百人が中国政府に対する抗議集会を開いた。

続きを読みます...

ラビア・カーディル総裁がスウェーデンを訪問

RFA 2010.10.08 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.10.13

世界ウイグル会議のラビア・カーディル総裁は、10月6日からスウェーデンを訪問した。

今回のスウェーデン訪問は、ラビア・カーディル自伝のスウェーデン語翻訳版を出版した出版社の招聘によるもので、ラビア総裁は、ストックホルムで行われたラビア・カーディル自伝スウェーデン語翻訳版の出版記念式典に出席したほか、メデイアの取材を受けるなどをしてウイグル問題を訴えた。

また、ラビア総裁は、スウェーデン訪問の二日目にスウェーデン国会を訪れ、複数の国会議員らと会談した。

続きを読みます...