中国 : 繰り返される抗議の背景にある、ウイグルの長年の不満に対処すべき

アムネスティ・インターナショナル
国際事務局配信日:2011.02.04 | 翻訳・掲載:2011.02.25

中国西域のグルジャ市(中国名:伊寧・イリ)にある、新疆ウイグル自治区(XUAR)におけるウイグルの平和的抗議活動が治安部隊によって暴力的に弾圧されてから、2月5日で14年を迎える。

1997年2月5日にグルジャでウイグルのデモ隊に向けて治安部隊が発砲し、何十人もの人が死傷した。マシュラップ(meshrep)と呼ばれるウイグルの伝統的な集会の禁止やウイグルのサッカーリーグ解散、ウイグル人の高い失業率、宗教学校の閉鎖などに対して、ウイグル人は平和的な抗議活動を始めた。この弾圧により何十人もの人が死傷し、未確認情報によると余波の中で犠牲者は数百人にのぼるとされている。また、政府による弾圧の結果数千人が拘束され、何百もの人が消息を絶ち、不公正な裁判の後に処刑されたことなども報告されている。

2009年の7月5日、ウルムチのウイグル人が平和的抗議活動を行った際にも、治安部隊は再度、暴力的にこれを鎮圧した。このときの抗議行動は、広東省の南部の韶関で2009年6月にウイグル移住労働者が漢人によって殴打され、殺害されたことについて、何の対処もしなかったとみられる政府に対するものだった。その後、漢人とその他の民族との間に暴力的な衝突が起き、結果何百人もの人が死亡した。これに続く取り締まりにより、グルジャのときと同様に数千人が拘束され、数百人が収監され、数十人が不公正な裁判の後に処刑された。

どちらの事件についても、とくに当初は平和的な抗議をしていた人びとに致命的武力を行使した件について、政府は独立機関による調査を許していない。治安部隊の誰も、調査や起訴の対象になったことは知られていない。

続きを読みます...

グルジャ大虐殺は中国の人権記録における一大汚点であり続けている

在米ウイグル人協会(UAA) 2011.02.04
http://www.uyghuramerican.org/articles/5400/1/Ghulja-Massacre-remains-a-stain-on-Chinas-human-rights-record/index.html

グルジャ大虐殺の14周年にあたり、在米ウイグル人協会(UAA)は中国当局に対しその1997年2月5日及びそれに続いた弾圧において当局がかかわった野蛮な行動に全面的な説明をすることを要求する。その日、東トルキスタン北西部のグルジャ(中国語:伊寧)市内において警察は非武装のウイグル人抗議活動者に対して銃撃を行なった。目撃者は1万から1万5千人の抗議活動者の多くは若い男性であったと報告した、しかし完全武装した準軍事的警察により殺傷された群衆の中には女性と子供が存在した。当局はその後に続いてウイグル人を一斉検挙した、その中には逃亡した抗議活動者、デモに参加したと疑われた人たち、そしてその家族さえもが含まれていた。

続きを読みます...

中国:人権行動計画 守られず

政府目標達成されず市民的・政治的権利の後退顕著

ヒューマン・ライツ・ウォッチ 2011.01.11

(ワシントンDC)-中国政府の初の国家人権保護行動計画(2009年から2010年)は、施行から2年が経ち、行動計画期間は終了した。しかし、この期間中、市民的・政治的権利を保護するという行動計画を中国政府は守らなかった、とヒューマン・ライツ・ウォッチは本日述べた。

報告書「公約不履行:中国の国家人権行動計画に関する評価」(全67ページ)は、2年間の期間中、経済的・社会的権利の一部では進展が見られたものの、表現の自由・結社の自由・集会の自由への制約が強化された結果、国家人権行動計画の目標の多くが達成されなかったと結論づけた。本報告書は、重要な市民的・政治的権利が顕著に後退した実態を明らかにするとともに、行動計画で取り組むとされていた多くの課題について、問題が減るというより増えてしまった実態について詳述している。

「もしこの計画が断固として履行されていたら、そして政府が多数の人権侵害を容認していなかったら、中国の人権状況に真の改善が見られただろう。しかし、中国政府が人権行動計画を軽んじていたことは、中国政府が、この行動計画を中国国民の人権保護を進めるためではなく、PRの手段として使っていたに過ぎなかったことを明らかにした」とヒュー・ライツ・ウォッチのアジア局アドボカシーディレクター ソフィー・リチャードソンは語る。

続きを読みます...

ウイグル人活動家の息子が拷問を受けている

アムネスティ・インターナショナル
国際事務局配信日:2010.12.20 | 翻訳・掲載:2011.01.05

ウイグル人活動家ラビヤ・カーディルの息子で自身も良心の囚人であるアブリキム・アブディリイムが中国の新疆ウイグル自治区の刑務所で拷問を受けていると家族が訴えている。11月3日に隔離拘禁されて以来、彼の健康は悪化しており、家族は彼の健康を非常に心配している。

アブリキム・アブディリイムの親族が12月13日に彼に面会したとき、彼は拷問され、隔離拘禁されていると語った。彼は、刑務所当局が隠しておきたいことを目撃したときから隔離拘禁されていると言った。彼が見たことを否定する文書にサインを求められたが断ったと述べた。

親族によれば、アブリキム・アブディリイムは衰弱していた。親族は彼の様子を心配しており、目にクマがあったと言っている。

アブリキム・アブディリイムは2007年4月に、インターネットの書き込みで「分離主義者の活動を先導し、従事した」罪で8年の刑の判決を受けた。国営メディアは、裁判において彼の法的権利は尊重され、彼の裁判については3日前に公表され、彼自身が罪を認めていると報じた。しかしながら、彼の家族は、彼が自分の選定した弁護士に依頼することを許されず、裁判について事前には知らされず、「自白」なるものはすべて拷問で引き出されたものであると主張している。

続きを読みます...

中国はウイグル語を指導言語から排除することを強化している

在米ウイグル人協会(UAA)
For immediate release
November 15, 2010, 5:40 pm EST
Contact: Uyghur American Association +1 (202) 478-1920

東トルキスタンの中国人官員は「双語教育」政策の指示の下、ウイグル語での指導を学校から取り除く運動を強化している。ウイグル人学生、両親、そして教師はこの政策への怒りを表しつづけている。東トルキスタン東部にあるトルパン(トルファン)市近郊トルパン(トルファン)県トクスン郷の教育部官員によるある処置は何年もの教師生活のあとでも解雇される傾向にあるウイグル人教師へのその「双語教育」政策の効果の象徴的なものである。ウイグル人教師の解雇は「双語教育」に関してのウイグル人住民の間の不満をあらわにし続けてきた、「双語教育」は多くがウイグル人アイデンティティの中核への攻撃を引き起すものであると感じている、そして「双語教育」はまた新疆ウイグル自治区での開発の押し進めが本質的に漢族中国人に利するものであり、ウイグル人や他のトルコ系「少数派」グループを利するものではないという懸念に繋がっている。

「双語」教育という単語を用いて、中国政府は、実際には、中国語一言語教育システムを実行しており、それはウイグル文化の言語的基礎を侵食している。「双語」なる単語を用いることは国際社会に向けての文化的多様性のうわべだけの見せかけを表し、ウイグル人の文化的独自性を除去する運動を曖昧にしているのである。「双語」なる単語が使われる一方で、中国官員は教育や他の局面における中国語だけの使用を極めて積極的に奨励しており、ウイグル語を奨励かつ保護するいかなる公式のプログラムも存在しない。

続きを読みます...

世界ウイグル会議は、劉暁波氏が2010年のノーベル平和賞を受賞したことを祝福する

世界ウイグル会議(WUC) 2010.10.08 | 翻訳・掲載:2010.10.11
http://www.uyghurcongress.org/en/?p=4882

世界ウイグル会議(WUC)は収監中の異論派中国人の劉暁波氏が2010年のノーベル平和賞を受賞したことを祝福する。WUCはノーベル平和賞委員会が昨近の数週間、中国政府が委員会とノルウェー政府に劉氏に平和賞を与えないように圧力を加 えたにもかかわらず、真にその栄誉に値する劉暁波氏に授与したことを賞賛する。

続きを読みます...

在米ウイグル人協会(UAA)は、ノーベル賞委員会が中国の異論派劉暁波氏にノーベル平和賞を授与することを決定したことを歓迎する

在米ウイグル人協会(UAA) 2010.10.08
http://www.uyghuramerican.org/articles/5022/1/UAA-hails-Nobel-Committees-decision-to-award-the-Nobel-Peace-Prize-to-Chinese-dissident-Liu-Xiaobo/index.html

在米ウイグル人協会(UAA)は中国の異論派劉暁波氏がノーベル平和賞を博したことを祝福し、中国政府に対して劉氏を釈放することを要請する、劉氏は民主政治、人権、そして法の支配を訴えた結果として懲役11年の刑に服している。UAAは劉氏が中国における全ての政治犯の象徴であることを確信しており、このノーベル賞委員会の決定が中国の全ての政治犯が解放されるであろう日に向かっての一歩を記したものであると希望する。

続きを読みます...

ウイグル人活動家の息子が刑務所で拷問を受けている

アムネスティ・インターナショナル
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3400

ウイグル人活動家ラビア・カーディルの息子、アリム・アディリィウムは、家族によれば現在、拘禁されて拷問や虐待を受けている。家族は彼の命が危険にさらされていると考えている。アリム・アディリィウムは脱税容疑で、2006年から新疆ウイグル自治区ウルムチの刑務所に収監されている。

中国の情報筋によれば、アリム・アディリィウムは健康状態の悪化が深刻で、身体的・精神的外傷の兆候を示している。彼は、刑務所当局は刑務所で自分の身に「起こっていることに目をつぶって」必要な治療も受けさせてもらえず、こうした状況が続けば命の危険を感じると話しているという。ラビア・カーディルと家族は、緊急行動を起こして、こうした状況を改善するよう当局に求めなければ、彼は命の危険にさらされると考えている。

続きを読みます...

ウイグル人のウェブ管理者、国家安全に関する罪で有罪判決に

アムネスティ・インターナショナル 2010.08.12

ウイグル人のウェブ管理者3人が、非公開の裁判において、国家安全に関する罪で有罪判決を受けた。アムネスティ・インターナショナルはこれを非難する。

このたび有罪判決を受けたディルシャット・ペルハット (Dilshat Perhat) の兄弟であるディルムラット・ペルハット (Dilmurat Perhat) によれば、7月21日、ウルムチ裁判所における非公開の裁判で、ウェブサイト「ディヤリム (Diyarim:故郷の意)」の管理人かつ所有者であるディルシャット・ペルハットは5年は判決を、ウェブサイト「セルキン (Salkin) 」の管理人のヌレリ (Nureli) は3年の判決を、ウェブサイト「シェブナン (Shabnam) 」の管理者のニジャット・アザット (Nijat Azat) は10年の判決をそれぞれ言い渡された。

2009年7月5日の騒乱以前は、新疆において、この3つのウェブサイトはウイグル語のニュースサイト、およびコミュニティサイトとして代表的なものであった。

続きを読みます...

ウイグル人ジャーナリストに15年の判決

アムネスティ・インターナショナル 2010.08.03

※本件に関するアクション及び追加情報はこちら:
http://www.amnesty.or.jp/modules/wfsection/article.php?articleid=3293

2009年7月の騒乱が起こる直前に、新疆ウイグル自治区で民族間の衝突が起こる可能性について、中国当局に警告していたウイグル人ジャーナリストが15年の判決を受けた。アムネスティ・インターナショナルこれを強く非難する。

続きを読みます...