第二回東トルキスタン戦略研究セミナープレスリリース

WUC , 30.05.2017

 2017年5月19日から21日まで、ドイツのベルリンで第二回東トルキスタン戦略セミナーが開催されました、本会議にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、トルコ、スウェーデン、スイス、オランダ、ドイツ等の国々から来られた26名の戦略研究学者、政治活動家とウイグル知識人らが出席しました。

 戦略研究学者エリキンエクレム(Erkin Ekrem)の召集によって開催された本会議では、まずエリキン氏から、2004年世界ウイグル会議に提出した東トルキスタン解放運動の三段階戦略計画書に関しての意見交換が行われました。「国際情勢の変化、中国の台頭とウイグル問題、ウイグル民族の現状とアウトレット」など、ウイグルと東トルキスタンに関連する緊急かつ現実的な48項目の問題に対して大いに意見が交わされました。

続きを読みます...

東トルキスタンの戦略研究会議

世界ウイグル会議, 2017.3.1

7678899在外ウイグル人戦略専門家、学者と優秀政治運動家らが2017年2月25日~27日まで北キプロストルコ共和国のガルナ市に集まって第一回東トルキスタン戦略研究会議を行いました。

本会議は戦略専門家のErkin Ekremの提案により開きたもので12カ国から19名の方が出席しました。

今回の会議では国際情勢の行方とそれによるウイグル人の運命と東トルキスタンに与える影響と持ち出す結果またそれに対する対策を検討しました。

この戦略研究会の役割をもっと健全させるために、今後も引き続き開けることが決定しました。

続きを読みます...

世界ウイグル会議決議

Logo

世界ウイグル会議は次の通り決議します。

日本でウイグル人の人権活動を行っている日本ウイグル連盟が世界ウイグル会議の傘下団体としての資格を有します。今後、日本ウイグル連盟は世界ウイグル会議の所属団体として、ウイグル人を代表して、日本で合法的にウイグルに関する人権活動を行います。

続きを読みます...

“日本ウイグル連盟”の設立に関する通知

 Logo

2015年10月18日、日本で世界ウイグル会議の活動に参加しているウイグル人が東京都内のホテルに集まり、日本におけるウイグル運動について協議する会議を開きました。この会議には、当時日本訪問中のウイグル人指導者、ウイグル人の”精神的母”、世界ウイグル会議総裁ラビヤ・カディール女史、同副総裁セイット・トゥムチュルク氏、オマル・カナット氏も参加しました。

会議において討議と協議の結果、日本で新しいウイグル人組織を設立することが決定されました。その後、会議参加者は選挙を行い、長い間日本でウイグル人の政治活動を行ってきましたウイグル知識人のトゥール・ムハメット博士が新しいウイグル人組織の会長に、近年ウイグル人の政治活動に加わったウイグル人経済専門家アリフ・ミジティ氏が副会長に選出されました。新しい組織の理事会には、トゥール・ムハメット、アリフ・ミジティ、ムフタル・アブドゥラフマン、グリスタン・エズィズィ、セイット・トゥムチュルク、オマル・カナット(敬称略)が選出されました。

続きを読みます...

通知

世界ウイグル会議
2014年12月12日

 Logo

世界ウイグル会議の日本在住副総裁、ウイグル民族運動指導者ラビヤ・カディール女史の日本における代表イリハム・マハムティは職務の執行を停止されました。

ウイグル民族運動指導者、世界ウイグル会議総裁ラビヤ・カディール女史の決定により、世界ウイグル会議の日本在住副総裁、ウイグル民族運動指導者ラビヤ・カディール女史の日本における代表イリハム・マハムティの副総裁及び代表の職務を執行する資格がなくなりました。

今後、イリハム・マハムティが世界ウイグル会議を代表したり、当会議の名義で発言したり、声明を発表したり、会議に参加したり、寄付を受けとったりする資格はありません。

以上

 

続きを読みます...

[緊急行動(Urgent Action)] ウイグル族学者自宅より連行

アムネスティ・インターナショナル 2014.02.08

著名なウイグル族学者で、ウエブサイト「ウイグル・オンライン」の開設者イルハム・トフティさんが1月15日、当局により北京の自宅から連行された。所在は今も確認されていない。拷問その他の虐待を受ける恐れがある。

1月25日、ウルムチ市公安局は、イルハムさんが多数の犯罪行為をしたと非難した。とりわけ自身のサイト「ウイグル・オンライン」を用いて、フォロアーに「分離独立運動」への参加を呼び掛けたとしている。アムネスティ・インターナショナルは、イルハムさんが表現の自由を平和的に行使しただけで拘束された良心の囚人であるとみなしている。

続きを読みます...

世界ウイグル会議はカシュガル地区での警察の殺人に不安を感じている

WUC 2013.12.16 | 翻訳・掲載:2013.12.18
http://www.uyghurcongress.org/en/?p=21569

世界ウイグル会議(WUC)はカシュガル地区コナシャハル県サイバッグ郷(漢語名:疏附県薩依巴格郷)においての2人の十代の若者を含む14人のウイグル人デモ参加者への発砲と殺害を強く非難する。この事件に関するわずかな情報で直ちに応答を要する数々の疑問が明らかになっている。WUCは中国当局に当事件に関するすべての情報を公表することを要請し、また当局に対しては東トルキスタンにおける公安部隊によるデモ参加者への一連の殺害の直近の事件として非難する、それらは国家が提供する暴力の新傾向となりつつある。  

続きを読みます...

世界ウイグル会議は国際社会に、中国がウイグル人地域社会を標的にしているという懸念を表すように強く勧告する

WUC 2013.11.01 | 翻訳・掲載:2013.11.04
http://www.uyghurcongress.org/en/?p=21287

世界ウイグル会議は東トルキスタンと中国全土のウイグル人が前例の無い抑圧の時代に入ろうとしていることを極度に懸念している。2013年10月28日の天安門広場近くでの自動車事故の後、東トルキスタンにおける警備体制は段階を上げ、公式メディアはウイグルの人々に対する反動をほのめかし続けている。 さらに、世界ウイグル会議(WUC)は、月曜日の事件の公式説明に関する懐疑に加えて、東トルキスタンイスラム運動(ETIM)がこの事件の背後にいるという、中国官員による主張には納得していない。世界ウイグル会議は国際社会にそのような非難は確認できる証拠が入手できるまで否定することを要請する。

続きを読みます...

マラルベシ事件についての独立調査を求める呼びかけが世界ウイグル会議によって発表され、国際社会は今回の逮捕拘束を追及することを強く要請される

WUC 2013.05.01 | 翻訳・掲載:2013.05.09
http://www.uyghurcongress.org/en/?p=20278

先週火曜日(2013年4月23日)のマラルベシ(漢語名:巴楚)県においての暴力事件は21名もの死者が出る結果になってしまった。中国の公式メディアの「テロリズムを計画した」ウイグル人への非難は即座だった。しかし、この事件の本質に関しては懐疑が増すばかりである。過去の傾向がそうであったように、事件に続く公式声明は「テロリストの計画」を示唆するものであり、この地域におけるウイグル人への国家の抑圧を正当化するための大義となっている。このような雰囲気は何千人ものウイグル人を一斉検挙という結果となり、さらにウイグル人の基本的な自由と権利への制限をもたらした従来の厳打取締活動を暗示するものである。この種の事件への鉄拳を北京が確固として維持する一方、彼らが主張するところの発生したことを証明し、説得力のある要素を国際あるいは地域社会に提供することを成功した例は無い。中国の公式発表は公式メディアに伝えられ、プロパガンダ材料以上の何者でもない。

続きを読みます...

不法な家宅捜索と恣意的な殺傷武器の使用がカシュガル地区での21人の死の結果をもたらした

UAA 2013.04.24 | 翻訳・掲載:2013.04.30
http://uyghuramerican.org/article/unlawful-house-search-and-arbitrary-use-lethal-force-results-nearly-two-dozen-deaths-kashgar

火曜、中国の複数の公安部隊と一軒家に集まっていた「テロリズム計画」の疑いがあるウイグル人との間に暴力的な衝突が起こり、21人もの人々が死に至らしめられたという中国の公式メディアの報道があった。しかし、この事件は中国の情報源の独立した確認作業と、取得可能な詳細の欠如が示されているという最大限の警戒と共に検討されるべきである。これに伴い、在米ウイグル人協会は国際社会にこの事件から導き出されているウイグル人の組織的なテロ計画への非難を斥けることを勧告するものである。

続きを読みます...