【スクープ最前線】中国軍、尖閣強奪へ11月攻撃も!「国有化は宣戦布告だ」

zakzak 2012.10.03

 野田第3次改造内閣がスタートした。野田佳彦首相は、日中国交正常化を成し遂げた田中角栄元首相の長女、真紀子氏を文科相に起用し、沖縄県・尖閣諸島をめぐって緊張する中国との融和を模索する構えだ。だが、中国側には日本の尖閣国有化に対する怒りの矛先をおさめる気はない。ジャーナリストの加賀孝英氏が接触した中国人民解放軍の最高幹部側近は「(日中の)軍事衝突、OKだ」と言い放った。Xデーは中国の新体制発足後の11月以降とみられる。

続きを読みます...

「日本が譲歩すれば、中国のさらなる侵略招く」 米軍事専門家

産経新聞 2012.10.02

 【ワシントン=古森義久】中国の軍事戦略を専門に研究する米有力研究機関「国際評価戦略センター」主任研究員のリチャード・フィッシャー氏は1日までに産経新聞と会見し、尖閣諸島に対する中国の攻勢と米国への意味について、「領有権紛争での中立という公式な立場は別として、どの米国政権にとっても中国による尖閣支配は台湾喪失にも近い重大な戦略的マイナスとなる」と語った。

続きを読みます...

中国、尖閣は「日本が盗み取った」…白書発表

読売新聞 2012.09.25

【北京=牧野田亨】中国政府は25日、新華社通信を通じ、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土」と題する白書を発表した。

「歴史的、地理的、法的観点からみて、中国が争う余地のない主権を持つ」と強調している。

白書では、釣魚島は14、15世紀に中国が発見し、命名したが、日本が1895年に日清戦争を利用して「盗み取った」と指摘。「1943年、(英米中が)台湾など日本が中国から盗み取った領土の返還を求めたカイロ宣言を発表し、日本が同宣言の実施を定めたポツダム宣言を受諾したことで、中国に返還された」と主張している。

続きを読みます...

米国民の過半数「中国は脅威」 最大の危険性持つ国

産経新聞 2012.09.24

 【ワシントン=古森義久】米国民の過半数が中国を脅威とみなし、中国が米国にとって全世界で最大の危険性を持つ国だと感じている人々も少なくないとの世論調査結果が22日までに公表された。オバマ政権の対中政策についても、もっと強固な対応を求める割合が最も多かった。

続きを読みます...

中国ネット世論は支持…愛国教育、不満はけ口

産経新聞 2012.08.28

 【北京=矢板明夫】丹羽宇一郎駐中国大使が乗った公用車が中国人とみられる男に襲われた事件は、中国の国家イメージを損なう一大不祥事にもかかわらず、インターネット各社の世論調査では、多くの中国人が男の蛮行を支持した。国際社会における中国のこうした“異質さ”の背景には、共産党政権が指導してきたいびつな愛国主義教育と、高圧的な統治により一般国民が不満を表現する合理的手段をもたない現状がある。

続きを読みます...

対日軍事衝突に準備を 中国紙、政府に要求

産経新聞 2012.08.22

 中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報は22日付の社説で、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる中国政府の対応について「軍事を含めて日本との衝突に備えるべきだ」と訴えた。一方、同じ紙面で日本製品ボイコットは「中国の産業に悪影響を及ぼす」として自制を促した。

続きを読みます...

国連が北朝鮮報告書「大連港は不正輸出入の拠点」 中国関与浮き彫り

産経新聞 2012.06.30

 【ニューヨーク=黒沢潤】国連は29日、安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会(安保理15カ国で構成)を補佐する専門家パネルが北朝鮮の制裁違反の実態をまとめた年次報告書を公表した。中国の大連港が北朝鮮の不正輸出入の「拠点」になっていたことなどが記載され、中国の関与が裏付けられた。

続きを読みます...

日本人、8割が中国に「悪印象」 領有権争いなど影響 日中世論調査

産経新聞 2012.06.20

 日本の民間非営利団体「言論NPO」と中国英字紙チャイナ・デーリーは20日、共同で行った世論調査の結果を都内で発表した。中国に「良くない印象を持っている」と答えた日本人の割合は昨年より6ポイント多い84.3%で、2005年の調査開始以来、最悪となった。

続きを読みます...

中国が北朝鮮にミサイル関連物資、シリア輸出の介在も…安保理決議に違反

産経新聞 2012.06.14

 中国が昨年、長距離弾道ミサイルの発射台車両や、ミサイル製造に使われる物質バナジウム2トンを北朝鮮に輸出するなど広範囲な軍用物資取引に関わっていたことが13日、産経新聞が入手した6カ国協議参加国当局作成の報告書で分かった。北朝鮮への大量破壊兵器関連物資の輸出などを禁じた国連安全保障理事会制裁決議が、中国の関与で骨抜きになっている実態が裏付けられた。

続きを読みます...

北朝鮮制裁逃れの温床、中国大連港…賄賂で目こぼし証言も

産経新聞 2012.06.14

 国連安保理制裁決議で禁じられている北朝鮮への軍需物資の輸出入に中国が大きく関与している実態が、6カ国協議参加国当局の報告書で判明した。報告書が不正輸出の「拠点」と名指しするのが中国・大連港だ。北朝鮮は大連の中国企業を隠れみのにして、輸出入元の国名を北朝鮮から「中国」と偽装。中国税関当局者が賄賂を得て黙認しているとの証言もあり、中国側の関与の根深さが浮かぶ。

続きを読みます...