チベット族、また抗議の焼身自殺…今月21人に

読売新聞 2012.11.27

【香港=吉田健一】米政府系「ラジオ自由アジア」などによると、中国のチベット族居住地域で25日から26日にかけ、チベット族4人が相次いで焼身自殺を図り、うち3人が死亡した。

中国政府のチベット政策に抗議して焼身自殺を図ったチベット族は今月だけで21人、2009年以降では85人となった。

続きを読みます...

中国に「親しみ感じず」80% 過去最多 内閣府調査

朝日新聞 2012.11.27

  内閣府が24日付で発表した「外交に関する世論調査」で、中国に「親しみを感じない」と答えた人の割合が前年比9.2ポイント増の80.6%となり、1978年に同じ質問を始めてから最も高かった。韓国に「親しみを感じない」と答えた人も23.7ポイント増と大幅に増え、59.0%と78年以来2番目に多かった。沖縄県の尖閣諸島や島根県の竹島をめぐる対立が、中韓両国への国民感情の悪化につながったとみられる。

続きを読みます...

福建省に新たな大型空軍基地を建設=台湾と尖閣諸島をにらむ戦略的要衝―中国

Record China 2012.11.26

2012年11月25日、香港・中国評論通訊社によると、カナダ・漢和ディフェンスレビューはこのほど、中国が福建省に新たな大型空軍基地を建設したと報じた。

新たに建設されたのは福建・水門空港。衛星写真によると、09年に建設が始まり、11年にはほぼ完成した。そして12年にはJ-10戦闘機や軍事車両の配備が確認されている。この基地は台北まで約250キロ、尖閣諸島まで約380キロ、東シナ海の東暁油田まで200キロと戦略的要衝に位置している。

続きを読みます...

中国とロシア、インターネット規制を呼び掛け=ネットの自由侵害と反発の声―中国メディア

Record China 2012.11.24

2012年11月23日、環球網は記事「中国、ロシアが国連によるインターネット管理を呼び掛け、グーグルが反対」を掲載した。

12月3日、UAE・ドバイで国際電気通信連合(ITU)サミットが開催される。この会議で中国、ロシアはインターネットをITUの管理下に置くよう提案する。国際的なインフラとなったインターネットだが、米国の発言権があまりに強大な現状を批判しているが、その一方で独裁体制、強権的体制を揺るがす存在としてのインターネットを規制しようという狙いがあるとみられる。

続きを読みます...

世界2位の臓器移植大国・中国の秘密、臓器提供者は死刑囚―米華字メディア

Record China 2012.11.23

2012年11月21日、米華字ニュースサイト・多維新聞は記事「中国共産党高官、臓器移植が長期にわたり死刑囚に依存していたことを認める」を掲載した。

続きを読みます...

中国、腐敗で66万人処分 「腐れば虫わく」と習氏

産経新聞 2012.11.19

 中国国営通信新華社は19日、第18回中国共産党大会が14日採択した党中央規律検査委員会の活動報告の全文を伝えた。活動報告によると、2007年11月から今年6月までの約5年間に汚職や職権乱用など腐敗問題で処分された党員は66万8429人に上り、腐敗の深刻さを浮き彫りにした。

続きを読みます...

「中国が2年後に潜水艦搭載核ミサイル配備」米政策諮問機関

産経新聞 2012.11.09

 【ワシントン=古森義久】中国が戦力を増強しつつあり、長年の目標としてきた潜水艦搭載の核ミサイルの実戦配備まであと2年ほどの段階に至ったとの情報が米国議会の調査機関から公表された。

続きを読みます...

ダライ・ラマ訪日に抗議 中国、国連批判にも反論

産経新聞 2012.11.05

 チベット仏教最高指導者のダライ・ラマ14世が訪日したことについて、中国外務省の洪磊報道官は5日の定例記者会見で「日本側に厳正な申し入れを行った」と述べ、日本に抗議したことを明らかにした。

続きを読みます...

<世界繁栄指数>中国、経済は成長するも治安と自由がダメで、55位に低迷―英シンクタンク

Record China 2012.10.31

2012年10月、英シンクタンクのレガタム研究所は2012年世界繁栄指数ランキングを発表した。中国は55位となった。30日、BBC中国語版が伝えた。

続きを読みます...

戦わずにして中国に勝てる6つの方法

産経新聞 2012.10.28

 日本政府が沖縄・尖閣諸島の国有化を9月に発表したことを受け、同諸島の領有権を主張する中国が猛反発し、両国間の文化交流を中断させるなどさまざまな対抗措置を打ち出した。中国のインターネットでも政府の強硬姿勢にあわせて「釣魚島(尖閣諸島の中国語名)を武力で奪還せよ」と言った勇ましい「主戦論」があふれている。そんななか、「戦わずにして中国に勝てる6つの方法」という中国の弱点を指摘する書き込みがネットで話題となった。

続きを読みます...