中国政府にチベット弾圧で抗議声明 米議会・政府委議長

産経新聞 2013.03.19

 【ワシントン=古森義久】米国の「中国に関する議会・政府委員会」の共同議長の議員2人が18日、中国政府に対しチベット自治区での弾圧を止める ことを求める抗議声明を出した。チベットでは中国政府のチベット民族の宗教や文化を抑圧する措置に抗議する住民の焼身自殺が2009年以来、100件を越 したという。

続きを読みます...

中国の核弾頭、240発か 3000発の説も

大紀元日本 2013.03.14

【大紀元日本3月14日】中国の核弾頭の保有数について諸説飛び交うが、米国議会図書館議会調査局(CRS)が2月末に発表した報告書は複数の専門家の見方として、240発が適正ではないかとみている。14日のフランスRFIラジオが報じた。

続きを読みます...

中国は「インターネットの敵」、国民の権利を訴えた99人が拘束される―国境なき記者団

Record China 2013.03.14

2013年3月12日、「世界サイバー検閲反対デー」のこの日、仏パリに本部を置く国境なき記者団は「インターネットの敵」と題した報告書を発表。中国、 ベトナム、シリア、イラン、バーレーンの5カ国がインターネットにおける国民の活動を監視していると指摘した。ラジオ・フランス・アンテルナショナル (RFI)中国語版サイトが伝えた。

続きを読みます...

中国当局、死刑囚臓器提供を再度認める 「もっと黒い裏の暗部を隠すため」

大紀元日本 2013.03.01

【大紀元日本3月1日】中国衛生部(旧厚生省に当たる)の黄潔夫副部長は、25日の全国臓器移植問題電話会議で、再度中国での死刑囚臓器提供問題に触れ、 「中国は世界で唯一、組織的に死刑囚の臓器を利用する国」と発言した。2006年まで、当局は繰り返し、死刑囚の臓器提供を堅く否認する経緯があった。 「このことを認めたのは、決して良識が目覚めたためではなく、もっと黒い裏の暗部を隠すための苦肉の策だ」という見方が中国問題専門家の間で根強い。

続きを読みます...

北京の食堂が「犬と日本人、フィリピン人、ベトナム人は入るべからず」の張り紙―米華字メディア

Record China 2013.02.27

2013年2月25日、北京のある食堂が「日本人、フィリピン人、ベトナム人と犬は入るべからず」と書かれた紙を店先に張り出した。その写真が SNS(ソーシャル・ネットワーク・サービス)のフェイスブックに投稿されたため、多くのユーザーがこれを「シェア」。同時に批判のコメントも殺到してい るという。米華字メディア・多維新聞網が伝えた。

続きを読みます...

シンガポールのリー元首相、中国の台頭懸念「民主国家にはなれない」―豪紙

Record China 2013.02.21

2013年2月19日、豪紙オーストラリアンによると、シンガポールのリー・クアンユー元首相はこのほど発行された伝記で、中国の台頭に懸念を表明し、アジアの中小国の多くが「中国がかつての“帝国”に戻ることを恐れており、自分たちが再び属国化するのではないかと心配している」と指摘した。人民網が伝えた。  

続きを読みます...

米紙、ハッカー攻撃は中国人民解放軍部隊が関与濃厚と報道

産経新聞 2013.02.19

 【ニューヨーク=黒沢潤】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は18日、米国の企業や政府機関に対するハッカー攻撃に、中国人民解放軍の組織が関与している可能性が濃厚であると報じた。

続きを読みます...

核開発部品は中国経由で購入=イランの「密輸プラットフォーム」としての中国―インド英字紙

Record China 2013.02.17

2013年2月15日、インド英字紙デカン・ヘラルドは、中国がイランの核開発に必要な部品を調達する“密輸プラットフォーム”になっていると報じた。16日、環球網が伝えた。  

続きを読みます...

サイバー攻撃の損失、数百億ドル 米情報当局:中国の攻撃は経済的脅威

大紀元日本 2013.02.14

【大紀元日本2月14日】米紙ワシントンポスト11日付の報道は、国家機密となる米国家情報評価(National Intelligence Estimates、NIE)の一部内容を伝えた。米国にもっとも熾烈なサイバー攻撃を仕掛けている国に、中国の名が挙げられている。同紙は匿名な政府関係者から関連の情報を入手したとしている。

続きを読みます...

NYタイムズが中国から4カ月間、サイバー攻撃受ける 温首相蓄財報道と同時期

産経新聞 2013.01.31

 【ニューヨーク=黒沢潤】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は1月30日、同紙が中国のハッカーから過去約4カ月間にわたってサイバー攻撃を受け、記者らのパスワードが盗まれたと報じた。昨年10月下旬、中国の温家宝首相一族による蓄財問題を報じた時期と重なっており、取材経緯などを探るのが目的とみられている。

続きを読みます...