中国、武器禁輸違反か=カダフィ派側に売り込み-カナダ紙

時事通信 2011.09.05

【ニューヨーク時事】カナダ紙グローブ・アンド・メールなどは5日までに、中国国営企業が7月にリビアのカダフィ政権(当時)に兵器を売り込んでいたと報じた。事実なら、リビアへの武器禁輸を定めた国連安保理決議に違反していた可能性がある。

同紙がリビア国内で入手したカダフィ政権側の文書によれば、同政権の治安当局者が7月16日に北京を訪問し、中国国営の兵器製造会社3社から、ロケット発射装置や携帯式地対空ミサイルなど計2億ドル(約153億円)相当の兵器類を購入する内容の商談をまとめた。

続きを読みます...

石平氏「温首相の『ナミダ作戦』にご用心」 日中韓首脳会議

産経新聞 2011.05.19

 日中韓首脳会議では、中韓首脳が被災地を訪問し、避難住民を「激励」する。仕掛け人は中国の温家宝首相で、キーワードは「尖閣」だ。昨秋の中国漁船衝突事件で、日本国民の対中感情はいっそう悪化した。

 西太平洋制覇という長期戦略を進める中国にとって、日本の対中警戒感の高まりは戦略推進の大きな障害となる。温首相は、避難住民を激励する映像が流れるように仕掛け、日本人の警戒心を解くことを狙っているのだ。

続きを読みます...

中国:外国人ジャーナリストに対する公安の襲撃 捜査が必要

HRW 2011.03.03

報道の自由を認める法令を無視した暴行と脅迫

(ニューヨーク)-「北京の繁華街で、十数人の外国人記者たちが制服姿の中国警察や平服の暴漢により暴行や脅迫を受けた。中国政府は、この事件をただちに捜査するべきだ。」ヒューマン・ライツ・ウォッチは本日こう述べた。「この事件の徹底的な捜査が行われなければ、報道関係者に暴行を加えても刑事訴追しない慣習を生んでしまう。」

続きを読みます...

中国から欧米にハッカー攻撃 エネルギー5社に侵入

東京新聞 2011.02.11

 【ニューヨーク共同】中国を拠点にしたハッカーが、欧米のエネルギー大手5社のコンピューターシステムに侵入し、内部資料を盗み出した恐れがあることが明らかになった。米メディアが10日、米インターネット安全対策ソフト大手マカフィーの報告として伝えた。米連邦捜査局(FBI)が捜査している。

 攻撃は中国の日中時間帯に行われ、組織的にエネルギー関連企業に狙いを絞っているという。

続きを読みます...

中国当局が「やらせ写真」 軟禁中の劉暁波氏夫人が批判

産経新聞 2010.10.17

 「また(当局の)わなにはまったわ」。ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏の妻で、自宅軟禁されている劉霞さんが17日までに、短文投稿サイト「ツイッター」で、あたかも自由に買い物をしているかのような「やらせ写真」を撮られたと公安当局を批判した。

続きを読みます...

反日デモ、実は官製=政府系学生会が組織-香港紙

時事通信 2010.10.17

 【香港時事】17日付の香港各紙は16日に中国各地で起きた尖閣諸島問題をめぐる反日デモについて、各大学の政府系学生会が組織したものだったと伝えた。中国政府は「一部の大衆が日本側の誤った言動に義憤を表明した」(外務省スポークスマン)と説明しているが、実際には官製デモだったことになる。

続きを読みます...

【劉氏に平和賞】中国当局、妻の買い物を禁止

産経新聞 2010.10.14

 香港の人権団体、中国人権民主化運動ニュースセンターが14日伝えたところによると、ノーベル平和賞受賞が決まった中国の民主活動家、劉暁波氏の妻劉霞さんは、同日から近所への買い物も禁じられた。中国当局による行動規制が強まっているとみられる。

続きを読みます...

中国の白書は「現実離れ」 人権団体が批判

産経新聞 2010.09.26

 中国政府が26日発表した人権問題に関する年次白書について、国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニューヨーク)は「(状況が改善したとする)政府の評価は現実離れしている」と批判した。AP通信が報じた。

続きを読みます...

天安門事件の民主化運動リーダー逮捕 中国大使館に侵入

産経新聞 2010.06.04

4日午後2時半ごろ、東京都港区元麻布の中国大使館前の路上で、男が警備用の鉄パイプ製のさくを乗り越えて敷地内に数メートル侵入した。警視庁麻布署は建造物侵入の現行犯で男を逮捕。男は1989年の天安門事件で反革命宣伝活動をしたとして、中国公安当局に指名手配された民主化運動リーダーの1人、ウアルカイシ容疑者(42)で、同署で詳しい経緯を調べている。

続きを読みます...

中国が世界最悪の人権侵害国の一つに

RFA 2010.02.08 (一部抜粋) | 翻訳・掲載:2010.02.14

米国の国際人権団体フリーダムハウス(Freedom House)の人権報告によると、中国は2009年度の世界各国にある人権侵害状況の評価において、世界最悪の人権侵害国として評価された10カ国の一つとして評価された。

続きを読みます...