「ウイグル絶望収容所の起源はチベット」センゲ首相インタビュー

Newsweekjapan, 24.01.2018

<共産党の過酷な監視と弾圧が続く中、歴史的なジョカン寺院炎上の衝撃はチベット人に衝撃を与えた。ダライ・ラマ引退後の亡命政府を率いるセンゲ首相が語るチベットの現状と展望>

中国チベット自治区の区都ラサにある有力仏教寺院「ジョカン寺院(中国名・大昭寺)」で2月17日に火災が発生し、世界遺産にも登録されている歴史的な建物が紅蓮の炎に包まれた。出火原因は不明。けが人こそなかったが、7世紀に建立された寺院の炎上は、チベット人に衝撃を与えた。

続きを読みます...

「臓器の空輸」南方航空は1年で500件以上を運搬=中国メディア

大纪元, 17.12.2017

中国官製メディアはこのほど、民間航空会社・中国南方航空は少なくとも昨年5月から現在まで500件以上の移植用生体臓器を空輸したと報道した。これについて中国臓器移植問題に詳しい専門家は、中国では出所不明の生体臓器の供給源が豊富であることを、あらためて浮き彫りにしたと指摘した。

続きを読みます...

第二回東トルキスタン戦略研究セミナープレスリリース

WUC , 30.05.2017

 2017年5月19日から21日まで、ドイツのベルリンで第二回東トルキスタン戦略セミナーが開催されました、本会議にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、トルコ、スウェーデン、スイス、オランダ、ドイツ等の国々から来られた26名の戦略研究学者、政治活動家とウイグル知識人らが出席しました。

 戦略研究学者エリキンエクレム(Erkin Ekrem)の召集によって開催された本会議では、まずエリキン氏から、2004年世界ウイグル会議に提出した東トルキスタン解放運動の三段階戦略計画書に関しての意見交換が行われました。「国際情勢の変化、中国の台頭とウイグル問題、ウイグル民族の現状とアウトレット」など、ウイグルと東トルキスタンに関連する緊急かつ現実的な48項目の問題に対して大いに意見が交わされました。

続きを読みます...

「外国人もモノ言えぬ中国」 容赦ない拘束、国外退去

ニュースソクラ 2016.02.02

日本人やスウェーデン人、米国人など拘束次々

 中国での言論弾圧が、外国人にまで及んでいる。1月19日夜、中国当局に拘束されていた人権活動家のスウェーデン男性が中国中央テレビに出演し、「謝罪」を行った。

続きを読みます...

ウイグル自治区にもっと漢民族を、中国戸籍制度改革の裏の意図

AFP 2015.05.25

【5月25日 AFP】新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)南部ホータン(Hotan)のホテルに受付係として就職したばかりの20代の漢民族女性、ファン・リーファ(Fang Lihua)さんは、イスラム教徒が多数派を占める自治区の人口動態を左右する「最前線の歩兵」だ。中国政府は今、同自治区への漢民族移住を積極的に奨励している。

続きを読みます...

中国・新疆で襲撃、13人死亡 公安施設が標的か

産経新聞 2014.07.29

 英BBC放送(中国語電子版)は29日、中国北西部の新疆ウイグル自治区カシュガル地区ヤルカンド県で28日深夜に襲撃事件があり、13人が死亡したと伝えた。

続きを読みます...

世界報道の自由度ランキング、中国は後退しワースト5

大紀元日本 2014.02.14

【大紀元日本2月14日】国際ジャーナリスト団体「国境なき記者団(本部パリ)」は1月12日、世界180カ国・地域を対象に、報道の自由度ランキングを発表した。中国は175位とワースト5位にランクイン。前年の173位(179カ国・地域中)よりも1つ下げ、依然として報道の自由度が乏しい国の一つに名を連ねた。

続きを読みます...

スペイン高裁、江沢民氏らの国際手配を要請 チベット人権侵害で

AFP 2014.02.11

【2月11日 AFP】スペイン高裁は10日、チベットでの大量虐殺(ジェノサイド)に関与した容疑などで逮捕状を出した江沢民(Jiang Zemin)元国家主席を含む中国の元党指導部ら5人について、国際刑事警察機構(Interpol、ICPO)に国際手配を要請した。

続きを読みます...

中国 再度「不自由な国」にランクイン

NTDTV 2014.01.24

【新唐人2014年1月24日付ニュース】23日、アメリカの人権団体「フリーダムハウス」が2013年度世界自由度ランキングを発表しました。報告書によると、世界の自由度は8年連続して後退の傾向にあります。中国は再度、自由度が最も低い国の1つにランクインしています。

続きを読みます...

中国、サウジ、キューバ…「人権侵害国家」相次ぎ当選 人権理事会選挙

産経新聞 2013.11.13

【ニューヨーク=黒沢潤】国連総会は12日、人権理事会(47カ国)の理事国改選選挙を行った。改選数14カ国のうち、中国やサウジアラビア、キューバなど、「国内の人権状況が劣悪」と国際人権団体などから非難されている国々が相次ぎ当選した。人権理事会は、機能不全が指摘された前身の人権委員会を改組する形で7年前に発足したが、国内に人権問題を抱える国がメンバー入りする実態は変わらず、改組の効果を改めて問う声も出ている。

続きを読みます...