「民族存続の危機」 ウイグル主席が訴え

USFL.COM‎ 2012.05.15

 亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席は15日、自民党有志による日本ウイグル国会議員連盟メンバーと党本部で会談し、中国新疆ウイグル自治区の人権問題に関し「非常に悲惨な状況にあり、私たちは存続の危機にさらされている」と支援を求めた。

続きを読みます...

中国大使 日本の議員に手紙

NHK 2012.05.15

中国国外で暮らすウイグルの人たちの会議が東京都内で開かれていることを巡り、中国の程永華駐日大使が、日本の国会議員に対して、会議を支持しないよう求める手紙を送っていたことが分かりました。

続きを読みます...

東京で世界ウイグル会議

日刊スポーツ 2012.05.15

 中国から海外に逃れた亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」(ラビア・カーディル主席)の代表大会が14日午前、東京都内で始まった。中国の洪磊外務省副報道局長は同日の定例記者会見で「中国の強い反対を顧みずに開催を許した」として、日本に「強い不満」を表明した。

 複数の外交筋によると、中国の温家宝首相は13日の野田佳彦首相との日中首脳会談で、カーディル主席への日本政府の査証(ビザ)発給について「テロリストを国内に入れるのは許せない」と激しい言葉で抗議していたことが分かった。

続きを読みます...

「中日関係の妨げになっています」 中国大使がウイグル会議出席の国会議員に抗議文

産経新聞 2012.05.15

 中国の程永華駐日大使が、14日から東京都内で開催中の「世界ウイグル人会議」の第4回代表大会に出席した国会議員に対し、「後ろ向きの動きがみられ、中日関係の妨げになっています」などとする抗議文を送っていたことが15日、分かった。

続きを読みます...

中国外相、経団連と会談中止 ウイグル会議影響か

日本経済新聞 2012.05.15

 【北京=共同】北京を訪問している経団連の米倉弘昌会長と中国の楊潔●(ち)外相との会談が15日、急きょ中止になった。会談は15日夕に行われる予定だったが14日深夜、中国側が経団連に通告した。理由は明らかにしていない。

 中国側はこれまでに、亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」が14日に東京で始まったことに強い不満を表明している。この問題の影響で、会談中止を決めた可能性がある。

続きを読みます...

幻となった日中個別会談 ウイグル会議と尖閣に不快感か

産経新聞 2012.05.15

 首脳会談の実施さえ「外交カード」として使う中国の常套(じょうとう)手段に、日本政府は振り回された。野田佳彦首相は14日、胡錦濤国家主席と個別会談で、日中の戦略的互恵関係の深化を確認したい意向だったが、冷水を浴びせられた。1日遅れで発表された日中韓首脳会議の共同宣言でも「北朝鮮」という国名さえ入らず、中国との溝の深さを浮き彫りにした。

続きを読みます...

東京で「世界ウイグル会議」代表大会 中国政府は反発強める

FNN 2012.05.14

中国から海外に逃れた亡命ウイグル人の組織「世界ウイグル会議」が、14日から東京で代表大会を開催し、中国政府は、国家分裂活動だとして反発を強めている。 世界ウイグル会議は、14日から3日間の日程で、東京で始まった。 会議の議長で人権活動家のカーディル主席は、開会式で、2009年に起きたウイグル族による大規模暴動以降、「中国政府の暴力的な抑圧政策が激しさを増した」と、中国を批判した。

続きを読みます...

「絶滅に追い込んでいる」と中国批判 東京で世界ウイグル会議大会

産経新聞 2012.05.14

 中国から亡命したウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」(本部ドイツ・ミュンヘン)の第4回代表大会が14日、都内で開幕した。ラビア・カーディル議長は開会式後に記者会見を開き、2009年7月の新疆ウイグル自治区での暴動を機に「中国の流血政策は激しさを増している。自治権を与えず、ウイグル人を絶滅に追い込んでいる」と中国政府を批判した。

続きを読みます...

都内で「世界ウイグル会議」代表大会

AFP 2012.05.14

【5月14日 AFP】世界各地の亡命ウイグル人らを纏める「世界ウイグル会議(World Uighur Congress)」の代表大会が14日、東京都内で5日間の日程で始まり、世界各地から約200人の亡命ウイグル人たちが集まった。

 来日した世界ウイグル会議のラビア・カーディル(Rebiya Kadeer)代表は、「世界の大国になりつつある中国の政府は、同化政策を唱えながら、最終的に先住民族を排除しようとしている」と批判。中国的な共産主義や民主主義、人権政策は「時代遅れ」であり、現代民主主義においては許されないとして、ウイグル人のほか内モンゴル、チベットなどの人々に対する「強制的な同化政策をやめ、民主主義と和平を追求することが中国に残された唯一の道だ」と訴えた。

続きを読みます...

東京で開幕した世界ウイグル会議代表大会に関するNHK報道集

NHK 2012.05.14

■ウイグル代表入国 中国が反発 /5月14日 4時53分

中国国外で暮らすウイグルの人たちの大会が、14日から都内で開かれるのを前に、組織の代表が13日夜、来日しました。 中国政府はこの代表が新疆ウイグル自治区での分裂活動を扇動しているとして名指しで非難しており、入国を認めた日本政府に強く反発しています。

来日したのは、中国国外で暮らすウイグルの人たちでつくる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル代表です。 ラビア氏は、この組織が14日から都内で開く大会に出席するため、亡命先のアメリカから13日夜遅く、羽田空港に到着し、各国から集まったウイグルの人たちの歓迎を受けました。 大会は3年に一度開かれますが、日本での開催は初めてで、20か国からおよそ130人のウイグルの人たちが出席し、4日間にわたって中国国内に住むウイグル族への支援活動などについて話し合う予定です。 ラビア氏は空港でNHKの取材に答え、「中国政府に対し、ウイグル族への弾圧をやめるよう要求する。非暴力の原則で、私たちの主張を世界に広めたい」と述べました。

続きを読みます...