ウイグルは「存続の危機」=カーディル議長と会見

時事通信 2012.05.19

 都内で開かれた「世界ウイグル会議」第4回代表大会出席のため来日中のラビア・カーディル議長は18日、都内で時事通信とのインタビューに応じた。同議長は「ウイグルは今、存続の危機にある。アジアに(ウイグルの窮状を)伝えるべきだとの運動方針を決めた」と述べ、アジア各国での活動を強化していく決意を語った。

 初めて日本で代表大会を開催したことについては「アジアにウイグル問題を伝えていくために、民主的で自由で優しい国である日本を選んだ」と説明。「日本も私たちと同じく中国の侵略や同化策の脅威に直面している」と述べ、日本に協力を求めた。

 中国政府によるウイグル民族の中国同化策により、新疆ウイグル自治区に住む漢民族の割合がこの50年間で4%から50%以上に拡大したと指摘し、「自治区の中でも少数民族になってしまった」と強調。「(ウイグル民族の)文化やアイデンティティーが消滅するスピードが移住者の増加で加速している」と危機感を募らせた。

続きを読みます...

三原じゅん子、“恫喝”中国大使にマジ切れ!バカにするな

zakzak 2012.05.19

 中国の程永華駐日大使が、亡命ウイグル人組織による「世界ウイグル会議」の日本開催に反発し、100人を超える与野党の国会議員に恫喝とも受け取れる書簡を送り付けていた問題で、自民党の三原じゅん子参院議員がマジ切れしている。有志議員46人連名で、程大使に「抗議文」を送付した真意や背景を語った。

続きを読みます...

ウイグルのラビア議長が尖閣寄付

産経新聞 2012.05.18

 中国から亡命したウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は18日、都内で開かれた「世界ウイグル会議を支援し中国の覇権と闘うシンポジウム」(大会会長・平沼赳夫たちあがれ日本代表)に出席し、沖縄・尖閣諸島を買い取るための東京都への寄付金として、平沼氏に現金10万円を手渡した。

続きを読みます...

ウイグル会議で中国大使が議員100人に抗議書簡 与野党議員100人超に

産経新聞 2012.05.18

 中国から亡命したウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」の日本開催に関し、中国の程永華駐日大使が日本の国会議員に抗議書簡を送っていた問題で、対象が与野党の100人以上になることが18日分かった。自民党有志の「日本ウイグル国会議員連盟」会長の古屋圭司衆院議員が記者会見で明らかにした。

続きを読みます...

櫻井よしこ 中国大使からの出鱈目な偽りだらけの警告の手紙

NEWSポストセブン 2012.05.18

 中国がなりふり構わず、わが国に圧力をかけている。この辺で日本に中国のこわさを思い知らせておかなければならないと決意したかのようでさえある。

 きっかけは中国の抱える民族問題である。3月末から4月5日まで、チベット亡命政府のロブサン・センゲ首相が日本に滞在し、安倍晋三元首相以下、91名(代理出席も含む)もの国会議員らと意見交換した。また5月14日には世界ウイグル会議が国会近くの憲政記念館で開催され、ラビア・ カーディル議長が中国政府の弾圧について語り、堂々たるスピーチを行なった。

続きを読みます...

中国ふざけるな!大使“恫喝文”に自民有志が抗議へ

zakzak 2012.05.18

 中国の程永華駐日大使が、亡命ウイグル人組織による「世界ウイグル会議」の日本開催に反発し、与野党の国会議員多数に恫喝とも受け取れる抗議文を送り付けていた問題で、自民党有志議員が連名で18日、程氏に「抗議文」を送付することが分かった。

 「脅迫状ともいうべき文章だ。中身も極めて一方的で、看過するわけにいかない。内政干渉もはなはだしい」

続きを読みます...

世界ウイグル会議が閉幕

NHK 2012.05.17

都内で開かれていた、中国国外で暮らすウイグルの人たちによる会議は、17日、「中国国内で抑圧されているウイグル族への支援を一層強化していく」とする方針を確認し、閉幕しました。

中国国外で暮らすウイグルの人たちでつくる「世界ウイグル会議」は、3年に1度の代表大会をアジアでは初めて都内で開催し、4日間の日程を終えて、17日、閉会式が行われました。

代表大会では、今後の活動方針として、中国国内で抑圧されているウイグル族の現状を国際社会に訴え、中国政府が対応を改めるよう各国に働きかけを強めていくことを確認したほか、これまで組織を率いてきたラビア・カーディル代表の留任を決めたということです。

続きを読みます...

中国大使の日本“恫喝文”を入手!チョ~過激な中身とは

zakzak 2012.05.17

 中国の程永華駐日大使が、日本の国会議員複数に送った「抗議文」を入手した。都内で開催中の「世界ウイグル人会議 第4会代表大会」(17日まで)に出席・賛同したことを批判する文書だが、「中日関係の妨げになっています」「日本自身の安全にも害がある」と記載されるなど、恫喝文といえる内容なのだ。一読して、怒りに震えた議員もいるという。

 「これは日本への脅迫ではないのか! 武力攻撃でもするつもりか」

続きを読みます...

世界ウイグル会議 中国の抗議は内政干渉だ

産経新聞 2012.05.17

 中国による不当なウイグル人弾圧などを訴えて東京で開催中の「世界ウイグル会議」代表大会(17日まで)に出席した日本の国会議員らに対し、程永華駐日中国大使が抗議文を送った。

 日本での開催容認を「中国の内政に対する干渉」だと決めつけ、同会議との接触を断つよう求めている。

続きを読みます...

「世界ウイグル会議」閉幕=都内開催で日中間に緊張

時事通信 2012.05.17

 都内で開かれていた亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」(本部ドイツ・ミュンヘン)の第4回代表大会は17日午後、ラビア・カーディル氏を議長に再選して閉幕した。中国政府は同会議を「反中分裂組織」と非難し、日本での大会開催に「強烈な不満」を表明。大会は日中間の緊張の種になっていた。

続きを読みます...