中国・昆明の襲撃事件、政府は冷静な対応を=世界ウイグル会議議長

ロイター 2014.03.04

[北京 4日 ロイター] -亡命ウイグル人組織「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は、中国雲南省の昆明駅で刃物を持った集団が通行人らを無差別に襲撃した事件に関し、中国政府にウイグル族を悪者にしないよう冷静な対応を求めた。

続きを読みます...

中国新疆の公安局襲撃、暴力テロ事件と断定

読売新聞 2013.12.31

【北京=牧野田亨】新華社電によると、中国新疆ウイグル自治区の公安当局は同自治区のカシュガル地区で12月30日に起きた公安局襲撃事件について、「組織的で計画された暴力テロ事件」と断定した。

続きを読みます...

結婚式準備で惨劇か、中国新疆ウイグル自治区の14人射殺 6人が女性

産経新聞 2013.12.20

 米政府系放送局ラジオ自由アジアは20日までに、中国新疆ウイグル自治区のカシュガル地区コナシャハル県で当局が住民14人を射殺した事件は、来月に控えた結婚式の打ち合わせをしていたウイグル族の民家で起こったとの住民の話を伝えた。

続きを読みます...

テロの主張に在外ウイグル人団体が反論

NHK 2013.12.17

中国の新疆ウイグル自治区で、警察と住民が衝突して、合わせて16人が死亡したとされる事件で、中国メディアは住民がテロを計画していたと伝える一方で、在外ウイグル人の団体は、治安当局による強引な家宅捜索をきっかけに衝突が起き、住民側が無差別に射殺されたと反論しています。

続きを読みます...

「襲撃はなかった」ウイグル会議、「3中総会後の弾圧強化」方針が背景

産経新聞 2013.11.18

中国新疆ウイグル自治区の派出所で11人が死亡した事件について、亡命ウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」は、中国共産党が第18期中央委員会第3回総会(3中総会)後に「ウイグル族に対する武力弾圧を強化した」ことが背景だとの見解を示した。米政府系放送局ラジオ自由アジアが18日までに伝えた。

続きを読みます...

「テロリスト」扱いされるウイグル人 天安門車両炎上事件とその後 ラビア・カーディル世界ウイグル会議総裁に聞く

WEDGE Infinity 2013.11.14

12日、北京で開催されていた三中全会が終了した。中国の今後を左右するともいわれるこの重要会議の開催前、天安門広場では車両の炎上が、山西省太原では連続爆破事件が起きたが、いずれも依然、詳細は不明なままだ。本稿では、とくに天安門での事件に関連して、容疑者であるとされたウイグル人側の現状をも探るべく亡命ウイグル人のリーダーへのインタビュー内容も交え考察してみたい。

続きを読みます...

背景にテロ対策名目の弾圧 天安門前事件でウイグル会議主席

中国新聞 2013.11.09

 【ワシントン共同】中国から海外に亡命したウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル主席は9日までに、北京・天安門前 の車両突入事件について、中国政府への抗議の自殺だった可能性があるとした上で、中国がテロ対策名目でウイグル族を弾圧していることが背景にあると批判し た。

続きを読みます...

「中国は国連人権理事国資格なし」世界ウイグル会議報道官

NTDTV 2013.11.08

【新唐人2013年11月8日付ニュース】10月28日に発生した天安門車突入・炎上事件を、中国当局はテロ攻撃であると断定し、北京や新疆ウイグル自治区で100人以上を逮捕し、ウイグル人学者も私服警官から警告を受けています。世界ウイグル会議の報道官は、中国当局の言い分には疑惑が多いとしたうえ、今回の事件を口実にウイグル人に対する抑圧が更に強化されることを懸念しています。

続きを読みます...

天安門車突入のテロ断定、ウイグル人は「弾圧の口実」と非難

AFP 2013.11.01

【11月1日 AFP】中国・北京(Beijing)の天安門(Tiananmen)広場前で起きた自動車の突入・炎上事件を中国政府が「テロ攻撃」と断定したことについて、中国内外のウイグル人らは、中国政府がこの事件をウイグル人を弾圧する口実にしているとして非難した。中国国内では、大半がイスラム教徒を占めるこの少数民族に対する締め付け強化の兆候が見え始めている。

続きを読みます...

天安門テロ事件、世界ウイグル会議議長が国際調査を提言=「当局の発表が事実だとは言えない」―英メディア

Record China 2013.11.01

2013年10月31日、英BBC中国語サイトによると、28日に中国・北京市の天安門前で起きた車両の突入事件について、世界のウイグル族組織を統括する機関である「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長は国際的な独立調査を行うべきと主張した。

続きを読みます...