中国・新疆 ラマダン期間中の宗教行為制限か

東京新聞 2015.07.06

【北京=白石徹】中国西部の新疆ウイグル自治区から脱出したウイグル族の女性や子どもら百七十三人がトルコ西部イスタンブールに到着しトルコ政府に保護された。新疆ウイグル自治区ではイスラム教のラマダン(断食月)中の宗教行為が一部禁止されていると伝えられ、中国当局による「宗教弾圧」が国際社会の批判を呼んでいる。四日付の香港紙・東方日報などが伝えた。

続きを読みます...

ウイグル語ネイティブが中国語を使って英語を学ぶ?! - 新疆で進む中国語教育の実態

日経ビジネス 2015.07.03

 「私は中国語が話せる。私は素晴らしい!」。中国の新疆ウイグル自治区にある明徳小学校の壁には、こんな標語が貼り出されている。新疆は中国の西端。明徳小学校はオアシス都市のカシュガルからほど近い疏附県にある。

続きを読みます...

中国・新疆でラマダン中の断食制限か トルコ政府が反発

CNN 2015.07.03

北京(CNN) 中国西部、新疆ウイグル自治区の学校や地方政府機関の一部で、イスラム教のラマダン(断食月)期間中に断食が禁止されていると伝えられる問題で、トルコ政府などが批判の声を上げている。

続きを読みます...

新疆襲撃の死者28人か 中国、ラマダン期の規制に反発?

産経新聞 2015.06.25

 中国新疆ウイグル自治区カシュガル市で22日に起きた爆発物を使った襲撃事件で、米政府系放送局、ラジオ自由アジアは25日までに、容疑者と警官、市民計28人が死亡したと伝えた。元政府関係者が明らかにしたとしている。当局は現場に厳戒態勢を敷き、事件の経緯や原因を調べている。

続きを読みます...

断食月控え当局のビール祭 人権団体「公然の挑発」=中国新疆

大紀元日本 2015.06.24

【大紀元日本6月24日】イスラム教で飲酒が禁止されるなか、中国新疆ウイグル自治区ニヤ県当局はイスラム教の断食月「ラマダン」3日前の15日、「ビール早飲み祭り」を開催した。最高優勝賞は約1000元(約2万円)に当たる賞品だった。フランス通信社(AFP)などが報じた。

続きを読みます...

中国・新疆で暴力事件相次ぐ

日本経済新聞 2015.06.24

 【北京=阿部哲也】中国新疆ウイグル自治区でウイグル族によるとみられる暴力事件が相次いでいる。24日朝、自治区中部のアクス地区クチャ県で、爆発物を持ったウイグル族の集団が検問所を襲い、計10人が警官隊の銃撃を受けて死亡する事件が起きた。香港の中国人権民主化運動情報センターが伝えた。22日にはカシュガル市で同様の検問襲撃事件が発生し、少なくともウイグル族15人、警官2人が死亡したという。

続きを読みます...

中国新疆ウイグルで衝突相次ぎ11人死亡

産経新聞 2015.06.22

 米政府系放送局、ラジオ自由アジアは22日までに、中国新疆ウイグル自治区で警官とウイグル族の衝突が相次ぎ、計11人が死亡したと伝えた。

続きを読みます...

エジプト・アルアズハル大学、中国のイスラム教徒への制限を非難

イランラジオ 2015.06.20

イスラム教スンナ派の最高教育機関として有名であるエジプト・アルアズハル大学が、ラマザーン月における中国のイスラム教徒に対するあらゆる制限を非難しました。

続きを読みます...

「お前なんかいつでも葬れる」勾留、尋問で「スパイ」強要 中国が仕掛ける在外ウイグル人へ卑劣な手法

産経新聞 2015.06.15

 中国新疆ウイグル自治区で、“対テロ戦争”を名目にウイグル族弾圧を続ける当局が、海外在住のウイグル人をスパイに仕立てようと触手を伸ばしている。自治区に住む親類を“人質”にとる形で脅し、反中活動を報告させているという。国籍を無視して拘留、尋問を繰り返してリクルートする中華版スパイ大作戦。当局は「何を言っているのか?」と嘯いているが…。

続きを読みます...

カザフをにらむ孔子学院が、中華思想対イスラムの発火点となる

ニューズウィーク日本版 2015.06.15

 中央ユーラシアの背骨である天山山脈。天山の北麓にアルマトイという都市がある。「リンゴの都」の意だ。旧ソ連から独立後、97年までカザフスタンの首都だったこの地に中国政府の文化機関、孔子学院があり、現在約1500人の若者たちが学んでいる。

続きを読みます...