中国の広大な土地を借用、ロケット残骸落下地区の設営を計画―ロシア

Record China 2016.09.25

2016年9月22日、国際在線は記事「ロシア政府、中国の土地を借り“ロケット残骸落下区”を設営か」を掲載した。

ロシアメディアの報道によると、ロシア連邦宇宙局は中国・新疆ウイグル自治区に1万平方キロメートルもの広大な土地を借りることを計画している。目的は“ロケット残骸落下区”の設営だ。

続きを読みます...

新疆テロ警戒レベルアップ 飲食店の包丁は鎖で固定

大紀元 2016.09.23

中秋節とイスラム教の重要な祝日犠牲祭(イード・アル=アドハー)が近づく中、新疆のウルムチ市でのテロ警戒がさらにレベルアップされた。大型商店のセキュリティーゲートの設置や住宅地域での武装人員による巡回以外に、最近は飲食店の包丁もチェーンが付けられ固定されるようになった。

続きを読みます...

新疆ウイグル自治区の文化財保護に1億円以上寄付した日本人―中国メディア

Record China 2016.09.21

日本の小島康誉さんが17日、職員の生活用水問題を解決するのに役立ててほしいと、新疆亀茲研究院に10万元(1元は約15.3円)を寄付した。中国放送網が伝えた。

続きを読みます...

ウイグル族17人を拘束、中国現地治安当局 署長代理死亡の爆発で

産経新聞 2016.09.21

中国新疆ウイグル自治区ホータン地区で10日に起きた爆発事件で、現地の公安当局は21日までに、女性4人を含むウイグル族住民17人を拘束した。米政府系放送局ラジオ自由アジアが伝えた。

続きを読みます...

欧州議会 中国における臓器摘出中止を求める書面声明を発表

@niftyニュース 2016.09.19

【新唐人2016年9月17日】

夏季後第一回目となる欧州議会全体会議が今週より始まりました。議会主席は414名の議員が共同署名した48号書面声明を正式に発表しました。声明は現在中国で実施されている良心の囚人(政治犯)の臓器を生きたまま摘出する行為を即時中止すること、また、この行為に関する第三者機関による調査を即時実施することを中国政府に求めています。

続きを読みます...

中国、在キルギス大使館での自爆テロを非難 「断固打ちのめす」

産経新聞 2016.09.07

中国外務省の華春瑩副報道局長は7日の記者会見で、キルギス政府が、首都ビシケクの中国大使館を狙った自爆テロに関しウイグル独立派組織による犯行と発表したことを受け「われわれはテロ勢力を断固として打ちのめす」と非難した。

続きを読みます...

中国大使館テロ 「ウイグル独立派の犯行」キルギス発表

毎日新聞 2016.09.07

 【モスクワ杉尾直哉】中央アジア・キルギスの首都ビシケクの中国大使館で8月30日に起きた自爆テロ事件で、キルギス国家安全保障委員会は6日、「タジキスタン国籍を持つウイグル族の男(33)による犯行と断定した」と発表した。インタファクス通信が伝えた。

続きを読みます...

ラマダン明け、厳戒を緩和 中国ウルムチ、装甲車撤退

産経新聞 2016.07.06

 中国当局の抑圧的な統治にイスラム教徒であるウイグル族住民の不満がくすぶる新疆ウイグル自治区ウルムチ市では6日、各地のモスク(イスラム教礼拝所)でラマダン(断食月)明けの礼拝が行われた。当局はモスク前の装甲車を撤退させるなど、ウルムチ暴動から7年となった5日の厳戒態勢を大幅に緩め、反発の回避に躍起になった。

続きを読みます...

火炎放射器や射殺権限 中国政府が繰り広げるウイグル人弾圧の実態は想像を絶するものだった…世界ウイグル会議議長訴え

産経新聞 2016.07.01

 天安門事件から27年目を迎えた6月上旬、世界各地のウイグル人組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長ら幹部が来日し、東京都内の参院議員会館で、中国政府によるウイグル人弾圧の過酷な実態を報告した。その内容は、平和な日本に住んでいるわれわれにとって信じがたいものだったが、昨今の中国軍艦による領海侵入や南シナ海への強引な進出などを例にあげるまでもなく、中国政府は平和や人権といった人類の普遍的価値を平気で踏みにじってきた。当局の強力な報道統制のもと、われわれがウイグル人の置かれた現状に触れる機会は少ない。今後、もっと彼らに関心を持つべきだと思わずにはいられなかった。

続きを読みます...

中国、受刑者からの臓器摘出が依然続くか 人権活動家らが報告

CNN 2016.06.23

(CNN) カナダの人権活動家らは23日までに、中国で処刑された受刑者から臓器を摘出する行為が依然として広く組織的に行われているとの報告書を発表した。中国共産党と意見の異なる人々が臓器摘出のために殺害されているとも指摘している。

続きを読みます...