世界人権宣言(1948年12月10日、国連総会で採択)

前文

人類社会のすべての構成員の固有の尊厳と平等で譲ることのできない権利とを承認することは、世界における自由、正義及び平和の基礎であるので、

人権の無視及び軽侮が、人類の良心を踏みにじった野蛮行為をもたらし、言論及び信仰の自由が受けられ、恐怖及び欠乏のない世界の到来が、一般の人々の最高の願望として宣言されたので、

人間が専制と圧迫とに対する最後の手段として反逆に訴えることがないようにするためには、法の支配によって人権を保護することが肝要であるので、

諸国間の友好関係の発展を促進することが、肝要であるので、

国際連合の諸国民は、国際連合憲章において、基本的人権、人間の尊厳及び価値並びに男女の同権についての信念を再確認し、かつ、一層大きな自由のうちで社会的進歩と生活水準の向上とを促進することを決意したので、

加盟国は、国際連合と協力して、人権及び基本的自由の普遍的な尊重及び遵守の促進を達成することを誓約したので、

これらの権利及び自由に対する共通の理解は、この誓約を完全にするためにもっとも重要であるので、

よって、ここに、国際連合総会は、

社会の各個人及び各機関が、この世界人権宣言を常に念頭に置きながら、加盟国自身の人民の間にも、また、加盟国の管轄下にある地域の人民の間にも、これらの権利と自由との尊重を指導及び教育によって促進すること並びにそれらの普遍的かつ効果的な承認と遵守とを国内的及び国際的な漸進的措置によって確保することに努力するように、すべての人民とすべての国とが達成すべき共通の規準として、

 この世界人権宣言を公布する。

続きを読みます...

欧州人権条約

当サイトの英語版をご参考ください。

続きを読みます...

国際人権A規約

経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(国際人権A規約)は、世界人権宣言の内容を基礎として、これを条約化したものであり、人権諸条約の中で最も基本的かつ包括的なものです。1966年12月16日の第21回国連総会で採択され、1976年1月3日に発効しました。

国際人権A規約の日本語訳(全文)と締約国一覧:(外務省サイト)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/index.html

続きを読みます...

国際人権B規約

市民的及び政治的権利に関する国際規約(国際人権B規約)は、世界人権宣言の内容を基礎として、これを条約化したものであり、人権諸条約の中で最も基本的かつ包括的なものです。1966年12月16日の第21回国連総会で採択され、1976年3月23日に発効しました。

国際人権B規約の日本語訳(全文)と締約国一覧:(外務省サイト)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/kiyaku/index.html

続きを読みます...

人種差別撤廃条約

人種差別撤廃条約は、人権及び基本的自由の平等を確保するため、あらゆる形態の人種差別を撤廃する政策等を、すべての適当な方法により遅滞なくとることなどを主な内容とします。1965年12月21日の第20回国連総会で採択され、1969年1月4日に発効しました。

人種差別撤廃条約の日本語訳(全文)と締約国一覧:(外務省サイト)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/jinshu/index.html

続きを読みます...

拷問等禁止条約

拷問等禁止条約は、「拷問」を公務員等が情報収集等のために身体的、精神的な重い苦痛を故意に与える行為と定義し、各締約国が「拷問」を刑法上の犯罪とすること、そのような犯罪を引き渡し犯罪とすること、残虐な、非人道的な又は品位を傷つける取り扱い等が公務員等により行われることを防止することなどについて定めています。1984年12月10日の第39回国連総会で採択され、1987年6月26日に発効しました。

拷問等禁止条約の日本語訳(全文)と締約国一覧:(外務省サイト)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/gomon/index.html

続きを読みます...