台湾の宗教会議、ウイグル、チベット代表参加できず 馬政権が配慮か

産経新聞 2016.02.16

 【台北=田中靖人】台湾の民主進歩党の呂秀蓮元副総統は16日、立法院(国会に相当)内で記者会見し、18~20日に開催する信教の自由に関する会議に、中国から逃れた亡命ウイグル人の組織を束ねる「世界ウイグル会議」のラビア・カーディル議長やチベット亡命政府のロブサン・センゲ首相を招待したが、査証(ビザ)が発給されず参加できないと明らかにした。

続きを読みます...

【バンコクテロ】 ウイグル族の被告、軍事法廷で無罪主張

産経新聞 2016.02.16

 昨年8月にタイの首都バンコクで起きた爆弾テロ事件で、計画殺人などの罪に問われた中国新疆ウイグル自治区出身のユスフ・マイライリ被告(26)とビラル・ムハンマド被告(31)が16日、軍事裁判所に出廷し双方とも無罪を主張した。

続きを読みます...

【本音を生きる】 元外科医 エンヴァー・トフティ・ブグダさん (上)

大紀元日本 2016.02.12

 波瀾万丈とは彼のために作られた形容詞だろうか。中国の核実験を世界に訴え、ウイグルの独立を思い、中国で外科医をしていた時に意に反して臓器狩りをしたことを懺悔する 。ウイグルと日本の文化的な共通点を見いだした日本びいきでもある。トフティさんの「本音」人生を語ってもらった。

続きを読みます...

中国、共産党幹部は「引退後も宗教信じてはならぬ」チベット仏教やイスラム教抑え込み

産経新聞 2016.02.08

中国共産党は、幹部党員は政府や党などの役職から引退後も宗教を信じてはならないと明確に禁じる規定を定めた。国営通信、新華社が伝えた。

続きを読みます...

中国の人権弾圧 身勝手な力の統治が目に余る

読売新聞 2016.01.26

中国の習近平国家主席が、力による統治を一段とエスカレートさせているということだろう。

 習政権が今月、「反テロ法」を施行した。インターネットサービス企業などを対象に、テロ防止のため暗号解読技術を提供するよう義務づけている。模倣されかねないテロを詳細に報じることも禁じた。

続きを読みます...

【国外退去の仏女性記者独占インタビュー(下)】「中国は天安門事件の頃まで戻っている」「強硬な愛国主義者が政府方針に影響」

産経新聞 2016.01.25

 「テロリストの友人」とのレッテルを貼られ、中国から国外退去となったフランスのウルスラ・ゴーティエ記者は産経新聞の独占インタビューで、愛国主義に傾斜する中国の危うさを警告した。同記者が「スケープゴート(見せしめ)」として“国外追放”になった背景には、中国共産党が主導する愛国主義路線があるとの見方を示した。一問一答は次の通り。(パリ 岡部伸)

続きを読みます...

【国外退去の仏女性記者独占インタビュー(上)】「中国政府はウイグル人弾圧にパリのテロを利用している」

産経新聞 2016.01.25

 中国から昨年末に国外退去となったフランスのウルスラ・ゴーティエ記者が産経新聞の独占インタビューに応じ、中国政府は国際社会での反イスラム過激派テロの機運の高まりに乗じてウイグルなど少数民族の弾圧を正当化し、情報統制を強化していると語った。さらに、その実態を明らかにしたために、スケープゴートとして国外退去にされたとの見方を示した。一問一答は次の通り。(パリ 岡部伸、写真も)

続きを読みます...

国外退去の仏記者を「テロリストの友人」と攻撃 中国見せしめ「従順になれ」

産経新聞 2016.01.25

 中国から国外退去になったフランスのウルスラ・ゴーティエ記者は産経新聞のインタビューに応じて、情報統制を強化する中国政府には、パリ在住の中国人女性“密告者”の協力があったことを明らかにした。中国共産党系の愛国メディアは、“密告者”を通じてもたらされた情報をもとに、同記者を「テロリストの友人だ」とのレッテルを貼り攻撃した。同記者は、中国外務省から3度も謝罪を求められた末、スケープゴート(見せしめ)として国外退去にさせられたなどと語った。(パリ 岡部伸)

続きを読みます...

ウイグル弾圧、「中国が反テロに乗じ正当化」 国外退去の仏週刊誌記者証言

産経新聞 2016.01.25

 【パリ=岡部伸】昨年末に中国から国外退去となったフランスのニュース週刊誌「ロブス」のウルスラ・ゴーティエ記者が産経新聞の取材に応じ、中国政府は昨年11月のパリの同時多発テロ以来、国際社会で高まる反イスラム過激派テロの機運に乗じてウイグルなど少数民族の弾圧を正当化し、外国メディアなどに対する情報統制を強化しているなどと語った。さらに、中国で言論統制が進むとの見通しを示した。

続きを読みます...

一帯一路の行方/4(その2止) 亡命ウイグル人 3歳連れ、密航2万キロ

毎日新聞 2016.01.03

中国の検問強化「スマホ取り上げ、勝手に送信」

 「時には歩いて、時には車の後部座席の改造部分に隠れて国境を越えた」「地域ごとに協力者が代わり、言われるがままに賄賂を渡した」

 通称アブドゥルカーディルと名乗る亡命ウイグル人男性(38)は2014年11月、検問の厳しい中央アジアを避け、東南アジア経由でトルコにたどりついた。中国当局がパスポートの発給を認めなかったため、密航ブローカーを頼りに不法な出入国を繰り返した。現在はイスタンブール西側のセファキョイ地区にある古い5階建てアパートで暮らす。

続きを読みます...