ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

Newsweekjapan, 21.01.2018

<著名ウイグル人学者が突然自宅から消えた――中国共産党が新疆各地でウイグル人を強制収容所に収監している>

著名なウイグル人イスラーム学者で、『クルアーン』のウイグル語訳者として名を知られる82歳のムハンマド・サリヒ師が17年12月中旬、中国新疆ウイグル自治区の区都ウルムチの自宅から突然何者かに連行された。サリヒ師は中国共産党の強制収容施設に収監され、約40日後の18年1月24日に死亡した。

続きを読みます...

これが監視社会だ。最新技術で常に見張られる人々たち

BuzzFeedJapan, 21.01.2018

中国は、活況を呈する大都市の北京から遠く離れた場所に、ディストピア的な最新技術と、人間による警備を融合させた巨大な監視システムを築きつつある。まさに「監視技術を研究するための最前線ラボ」だ。

続きを読みます...

中国が「カタルーニャ独立」問題にいち早く反対表明したワケ

MAG2, 28.12.2017

未だ解決の糸口が見えないスペインのカタルーニャ独立問題ですが、早々にスペイン政府への支持を表明したのが中国。その理由を台湾出身の評論家・黄文雄さんは、「自国のチベット、ウイグル独立運動、そして台湾独立を牽制するため」と断言しています。さらに黄さんは自身のメルマガで、「すべての国にとって国家の結束がもっとも重要」と主張する中国が沖縄と日本との分断工作を仕掛けているとの驚くべき「公安の指摘」を記しています。

続きを読みます...

【ウイグルの声#10】新しいウイグル運動へ~世界ウイグル会議新総裁 ドルクン エイサ氏に聞く[桜H29/12/27]


 

続きを読みます...

ウイグル自治区 − 中国当局、新疆で1900万人のDNA採集 「無料の全民検診」実施

ニコニコニュース, 17.12.2017

中国当局は新疆ウイグル自治区で住民からDNAなど生体データを採集している。国際NGO人権組織の「ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch)」は13日、このような大規模な強制収集が国際人権規約を踏みにじるものだと批判した。

続きを読みます...

「中国では人命はとても安い、臓器のほうが高値だ」元医師の告白

大纪元, 17.12.2017

「中国では、人命はとても安い。臓器のほうが高い値段がつけられているのだからー」沈痛な面持ちで、元医師は語った。中国の臓器移植ビジネスと中国共産党のプロパガンダに詳しい元外科医エンヴァー・トフティ氏が、このたび来日し、14日は広島、16日には東京でそれぞれ中国臓器移植関連イベントで講演した。

続きを読みます...

第二回東トルキスタン戦略研究セミナープレスリリース

WUC , 30.05.2017

 2017年5月19日から21日まで、ドイツのベルリンで第二回東トルキスタン戦略セミナーが開催されました、本会議にはアメリカ、カナダ、オーストラリア、日本、トルコ、スウェーデン、スイス、オランダ、ドイツ等の国々から来られた26名の戦略研究学者、政治活動家とウイグル知識人らが出席しました。

 戦略研究学者エリキンエクレム(Erkin Ekrem)の召集によって開催された本会議では、まずエリキン氏から、2004年世界ウイグル会議に提出した東トルキスタン解放運動の三段階戦略計画書に関しての意見交換が行われました。「国際情勢の変化、中国の台頭とウイグル問題、ウイグル民族の現状とアウトレット」など、ウイグルと東トルキスタンに関連する緊急かつ現実的な48項目の問題に対して大いに意見が交わされました。

続きを読みます...

東トルキスタンのウイグル人住民における優先的な人権問題

世界维吾尔代表锦标赛2017.04.26

世界维吾尔代表锦标赛(世界维会)施代表维吾尔人站在东土耳其斯TanKazu国外两个凝聚有利可图国际组织。世界维会的具体原则,目的施和平,非暴力和民主手段确定民主,人权权和推广自由的,以及其他们的未来为这些维吾尔人的具体锻炼。为了履行其作为维吾尔人站在东土耳其斯TanKazu双边法律总和只有组织作用站在国家以外,世界维会沟通过对话和谈判致力于表现向 “东突问题” 和平解决决方式。

続きを読みます...

中国・核の脅威と人権侵害訴え ウイグル人団体が都内でシンポ開催

exciteニュース 2016.10.20

都内で16日、アジア自由民主連帯協議会が主催する「中国・核の脅威シンポジウム」が行われました。シンポジウムでは、中国政府がウイグル族の命を軽視し差別政策を行っていると訴え、さらにこれまで法輪功学習者に対して行われてきた臓器狩りが、ウイグル族に対しても行われていると告発されました。

続きを読みます...

広島の1300倍、実験場となったウイグルで核汚染被害 臓器収奪も

大紀元 2016.10.17

東京都内で16日、日本ウイグル協会による「中国・核の脅威シンポジウム」が開催された。核実験による影響について、医師、英国のジャーナリスト、キルギスタンの科学者らがそれぞれの専門分野から解説した。32年間にわたって、広島に落とされた核爆弾の1300倍以上だという水素爆弾が投爆されており、現地住民には白血病などガン増加、障害児が生まれる確率の増加などが確認されている。中国共産党による「民族浄化」政策により深刻な人権侵害を被るウイグル民族は、強制的な臓器収奪のターゲットにもされているという。

続きを読みます...