国外退去の仏記者を「テロリストの友人」と攻撃 中国見せしめ「従順になれ」

産経新聞 2016.01.25

 中国から国外退去になったフランスのウルスラ・ゴーティエ記者は産経新聞のインタビューに応じて、情報統制を強化する中国政府には、パリ在住の中国人女性“密告者”の協力があったことを明らかにした。中国共産党系の愛国メディアは、“密告者”を通じてもたらされた情報をもとに、同記者を「テロリストの友人だ」とのレッテルを貼り攻撃した。同記者は、中国外務省から3度も謝罪を求められた末、スケープゴート(見せしめ)として国外退去にさせられたなどと語った。(パリ 岡部伸)

続きを読みます...

ウイグル弾圧、「中国が反テロに乗じ正当化」 国外退去の仏週刊誌記者証言

産経新聞 2016.01.25

 【パリ=岡部伸】昨年末に中国から国外退去となったフランスのニュース週刊誌「ロブス」のウルスラ・ゴーティエ記者が産経新聞の取材に応じ、中国政府は昨年11月のパリの同時多発テロ以来、国際社会で高まる反イスラム過激派テロの機運に乗じてウイグルなど少数民族の弾圧を正当化し、外国メディアなどに対する情報統制を強化しているなどと語った。さらに、中国で言論統制が進むとの見通しを示した。

続きを読みます...

一帯一路の行方/4(その2止) 亡命ウイグル人 3歳連れ、密航2万キロ

毎日新聞 2016.01.03

中国の検問強化「スマホ取り上げ、勝手に送信」

 「時には歩いて、時には車の後部座席の改造部分に隠れて国境を越えた」「地域ごとに協力者が代わり、言われるがままに賄賂を渡した」

 通称アブドゥルカーディルと名乗る亡命ウイグル人男性(38)は2014年11月、検問の厳しい中央アジアを避け、東南アジア経由でトルコにたどりついた。中国当局がパスポートの発給を認めなかったため、密航ブローカーを頼りに不法な出入国を繰り返した。現在はイスタンブール西側のセファキョイ地区にある古い5階建てアパートで暮らす。

続きを読みます...

一帯一路の行方/4(その1) 「テロの道」へ懸念 ウイグル人、シリアで訓練

毎日新聞 2016.01.03

 中国が提唱するアジアから欧州に至る経済圏「一帯一路」の最大の障害は、内戦が続くシリアなど中東の不安定化だ。中国から逃れてシリアで戦闘訓練を受けた亡命ウイグル人たちは中国政府の「抑圧」を非難し、報復を口にする。中国は国内にウイグルの分離・独立運動を抱えており、中東を通過する一帯一路が「テロの道」になることを警戒している。【中国取材班】

続きを読みます...

ウイグル人への国家テロから目をそむけてはならない

産経新聞 2015.12.28

「歴史的な問題は追及するのに、なぜ現在進行形の人権侵害は追及しないのか」。今年10月に来日して記者会見したラビア・カーディルさんは、国連に対してもっともな疑問を呈していた。「世界ウイグル会議」の議長として、中国から逃れた亡命ウイグル人を束ねる人物である。

続きを読みます...

中国、仏週刊誌記者の記者証発給拒否 国外退去へ

日本経済新聞 2015.12.26

 【北京=山田周平】中国のウイグル族政策に批判的な記事を書いた仏週刊誌の記者が年末の査証(ビザ)更新に必要な記者証の発給を中国外務省に拒否され、事実上の国外退去になることが分かった。「ル・ヌーベル・オプセルバトゥール」誌のウルスラ・ゴーティエ記者で、本人が26日明らかにした。

続きを読みます...

CPJ報告書「全世界で記者199人拘束」

大世紀 2015.12.17

 ジャーナリスト保護委員会(CPJ、本部・ニューヨーク)が15日に発表した報告書によると、2015年にジャーナリストの拘束人数が最も多い上位3カ国は中国、エジプト、イランで、全世界で199人の記者が拘束され、約4分の1(49人)が中国で逮捕された中国人記者だという。

続きを読みます...

中国がテロに打ち勝てない理由 「漢民族のテロはテロではない」不可思議な線引き

JBpress 2015.12.16

パリ同時多発テロ事件を奇貨として、中国政府は2つの事実を西側に認めさせようとしています。それは、(1)国際テロは中国と欧米に共通する脅威である、(2)中国によるウイグルやチベットにおける弾圧は、欧米の批判するような人権侵害ではなく、対テロ統一戦線に貢献するものであること、です。

続きを読みます...

パリ同時多発テロに乗じて中国がまたもやウイグル弾圧強化か?王毅外相「われわれもテロの被害者だ…」

産経新聞 2015.12.03

パリ同時多発テロの発生後、中国政府は国際社会に向けて盛んに「反テロでのダブルスタンダードをやめよ」と訴えている。中国は新疆ウイグル自治区の分離独立派を「テロ組織」と見なしており、フランスと連帯するならば、中国の「テロとの戦い」も支持せよ、というわけだ。欧米メディアからは、中国がパリのテロにかこつけて、ウイグル族の弾圧を強めかねないと懸念が出ている。

続きを読みます...

中国の「テロとの戦い」は国際社会の支持を得るか

Newsweek 2015.11.27

世界で相次ぐテロ事件を好機に、新疆での過激派摘発、ウイグル人の宗教・文化的弾圧を進めている

続きを読みます...