国連人権高等弁務官、ウイグル族調査許可を 中国に要求

WSJ Japan, 15.09.2018

【ジュネーブ=細川倫太郎】9月に就任したバチェレ国連人権高等弁務官は10日、中国が少数民族のウイグル族やイスラム教徒を不当に拘束しているとされる問題で、同国政府に対し調査を許可するように求めた。バチェレ氏はウイグル族が政治思想教育などを強いられている疑惑に深刻な懸念を表明した。

この問題を巡っては、8月にスイス・ジュネーブで開かれた国連人種差別撤廃委員会で米人権活動家らが「中国のウイグル族ら100万人以上が新疆ウイグル自治区の再教育施設に強制的に収容されている」と指摘。委員会は中国に対する審査報告書で直ちに解放するように勧告した。一方、中国は「完全な虚偽」と否定している。

続きを読みます...

ウイグル族を「QRコード」で管理する中国

News Week Japan, 15.09.2018

<新疆ウイグル自治区のイスラム系少数民族、ウイグル族に対する中国当局の人権侵害は有名だが、今度は住人把握のためQRコードが各戸に貼られたという>

国際人権団体「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」が9月9日に公表した報告書によれば、中国北西部の新疆ウイグル自治区では、イスラム教徒であるウイグル族の自宅にQRコードが設置されているという。

続きを読みます...

新疆ウイグル自治区の人権侵害 報告書発表

Yahoo Jp, 15.09.2018

国際的な人権団体が中国の新疆ウイグル自治区で深刻な人権侵害が続いているとする報告書を発表した。中国政府は、事実を歪曲していると反発している。

ヒューマン・ライツ・ウオッチは9日、新疆ウイグル自治区のウイグル族住民らが不当に拘束され「再教育収容所」に送り込まれているとされる問題に関する新たな報告書を発表した。報告書は、収容人数が100万人近くに上ると指摘。施設内では、中国共産党に忠誠を誓わせる思想教育が行われ、従わない場合、虐待なども行われているとしている。

続きを読みます...

中国のウイグル族弾圧、国外居住者も対象に

WSJ Japan, 12.09.2018

【北京】新疆ウイグル自治区でイスラム教徒の少数民族ウイグル族の身柄拘束を急拡大している中国政府が国外にも目を向け、ウイグル族グループが反政府活動に参加していないかを調べている。

政府は海外に住むウイグル族に対し、1年以上前から、現地での活動に関する報告を提出するよう要求。ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が取材したところ、イスラム教徒が多くを占めるウイグル族同士で監視し合い、情報を共有するようにも求めていることが確認できた。中にはパスポートの更新が却下され、中国へ強制的に帰国させるために…

続きを読みます...

ウイグル人抹殺を謀る中国、強制収容300万人に「政治学習」

Vpoint, 12.09.2018

信仰と言語奪い、精神を抑圧 中国覇権主義の拡大阻止を

東トルキスタン共和国亡命政府大統領 アフメットジャン・オスマン氏に聞く

中国共産党によるウイグル人への弾圧が厳しさを増している。国内に多数の強制収容所を設置し、多くのウイグル人を拘束して「政治学習」を行っているという。ウイグル人が受けている民族弾圧の実態について、海外にあるウイグル人組織の一つ「東トルキスタン共和国亡命政府」(拠点・米国ワシントン)の大統領で、著名な詩人でもあるアフメットジャン・オスマン氏に話を聞いた。 (聞き手=石井孝秀)

続きを読みます...

中国によるウイグル人強制収容、米議員団がトランプ政権に制裁要求

Afpbb, 12.09.2018

米議会の超党派議員団は29日、中国の新疆ウイグル自治区(Xinjiang Uighur Autonomous Region)で少数民族ウイグル人の強制収容に関わっているとして、中国当局者らに制裁を科すようドナルド・トランプ(Donald Trump)政権に要求した。フロリダ州選出のマルコ・ルビオ(Marco Rubio)上院議員が明らかにした。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(Wall Street Journal)によると、議員団はマイク・ポンペオ(Mike Pompeo)国務長官とスティーブ・ムニューシン(Steve Mnuchin)財務長官に宛てた書簡の中で、中国当局者7人と監視装置を製造する2社に制裁を科すよう求めた。

続きを読みます...

ウイグル問題が米中の新しい火種に 200万人拘束情報も

Livedoor, 12.09.2018

中国の新疆ウイグル自治区では「中国からの独立」を叫ぶ少数民族のイスラム教徒ら200万人が身柄を拘束されており、自治区内に巨大な収容所が数十カ所も建設されていることが明らかになった。収容所建設は数年前から始まっており、収監者は自治区の全人口である800万人のうちの25%にも達している。英紙「フィナンシャル・タイムズ」が、ドイツのミュンヘンに拠点を置く世界ウイグル会議のドルクン・イサ代表の話として報じた。

イサ氏は収容者数について、「今年初めには100万人ほどが収容所にいると聞いた。釈放された人がいるという話を聞いていない。いったん収監されたら、一生出られない。半年以上経ったいまも連行は続いており、いまや200万人以上だが、正確な数字は私たちにも分からない」と答えた。

続きを読みます...

ウイグル人の避難所・トルコ、中国の圧迫逃れ6万7千人

Vpoint, 12.09.2018

トルコ最大の都市イスタンブールの中心街から西へ約40㌔、アタチュルク国際空港に近い郊外に、ウイグル人が集まって暮らしているセパーキュイ地区がある。その一角にある、ウイグル人イスラム教導師のハジ・アリアクバル氏(42)の自宅を訪ねた。

家にはウイグル人留学生2人とビジネスマン2人が待機してくれていた。

留学生たちはエジプトからトルコに避難してきた若者で、名前は出さないでくれという。中国当局に知れたら、新疆に住む家族に迷惑が掛かるのを恐れているのだ。

続きを読みます...

中国、米記者のビザ更新を拒否 ウイグル問題報道で 

Livedoor, 12.09.2018

米ニュースサイト・バズフィードのメーガ・ラジャゴパラン(Megha Rajagopalan)中国支社長は22日、自身のツィッターで、今年5月に中国外交部(外務省)に記者ビザの更新を拒否されたため、国外退去を余儀なくされたと明かした。同氏がこれまで、中国の人権問題や新疆ウィグル自治区関連を中心に報道活動を展開していた。当局がビザ発給を拒んだのは、同氏への報復措置だとみられる。

続きを読みます...

中国のウイグル族収容施設、その実態は 衛星画像からは「再教育」センターの増設が確認できる

WSJ Japan, 24.08.2018

中国政府は、イスラム教徒が大半を占める少数民族ウイグル族の収容を急拡大させている。当初の収容対象はウイグル族の過激派だったが、今では信仰心が特に厚くもない人や高齢者、体が弱っている人を含めて、同国北西部の収容所に多数のウイグル族が収容されている。

米当局者や国連の専門家によると、「政治再教育」収容所には最大で100万人のウイグル族が収容されている。これは新疆ウイグル自治区に暮らすイスラム教徒人口のおよそ7%に相当する。

一部の海外在住のウイグル族は親類――主に高齢者――が収容中…

全文記事を読むには

続きを読みます...