欺計、圧力、脅迫:ウイグル人若年女性の東中国への移送

UHRP 2008.02.08

中華人民共和国の新政策で東トルキスタン(1)(新疆ウイグル自治区とも呼ばれる)の若年ウイグル人女性を募集し、ウイグル人が多数を占める地域から中国東部への都市地域の工場での労働の為の移送がおこなわれている。

公式のプロパガンダたるスローガンがこの計画が募集されるウイグル人女性にとって圧倒的に肯定的な経験たることを宣伝して促進しているが、この政策の始まりから2年を足らずして、破られた約束と離散した家族の結果が残るばかりである。中華人民共和国政府の上層部から激しい圧力を受けやすい地方幹部は、欺計、圧力、そして脅迫を、女性たちを募集しこの計画に参加させる為に用いるのである。この政策の下、何千人ものウイグル女性が彼女らの家族からひきはなされ、故郷から何千マイルも離れた、標準以下の労働条件下に置かれてしまっている。

中華人民共和国の移送政策とは

  • 伝統的ウイグル文化の中心でウイグル人居住者割合が中華人民共和国内で最も高い東トルキスタン南部に焦点をおく。
  • 16歳から25歳までの結婚適齢期女性を標的とする。
  • 女性たちとその家族を脅してこの計画に参加させることを強いる。
  • この政策に同意しない地方幹部をその地位からの解任をちらつかせて脅迫する。
  • 若い女性たちを非人道的な労働条件下と労働契約を尊重しない雇用主の下に置く。
続きを読みます...

UAA-UHRPレポート

当サイトの英語版をご利用ください。

続きを読みます...